弦楽四重奏曲 (ラヴェル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリス・ラヴェルの《弦楽四重奏曲 ヘ長調》は、1902年12月から1903年4月にかけて作曲された室内楽曲1904年3月5日にエマン四重奏団(Le Quatuor Heyman)によって初演された。のちに多少手を入れた上で、1910年に出版した。「敬愛する師ガブリエル・フォーレに献呈」されている。

生前に未出版だった遺作のヴァイオリン・ソナタ1897年)から数えると、ラヴェル2作目の室内楽である。しばしば録音や演奏で組み合わされることの多いドビュッシーの《弦楽四重奏曲 ト短調》作品10(1893年完成、1894年発表)からはちょうど十年後の作品であり、先輩のその作品からラヴェルは啓発を受けていた。

ドビュッシーはラヴェルのこの作品に熱狂的な賛辞を送って、ラヴェルに終楽章を改訂せぬように説得し、次のように進言した。
「音楽の神々の名とわが名にかけて、あなたの四重奏曲を一音符たりともいじってはいけません。」
しかしながらラヴェルは、出版にあたって作品全体を改訂して、より構築感が高まるようにした。

弦楽四重奏曲は難しいジャンルであり、作曲家が成熟期を迎えるまでにこれを手懸けることは、まず滅多にないほどである。だが、当時まだ27歳のラヴェルはその作曲に挑んで、この楽種の傑作を示したのであった。

以下の4つの楽章から成り、全曲を通して演奏に約30分を要する。また、フランク楽派の伝統を受け入れて循環形式をひかえめに援用し、作品の自然な統一感をもたらすことにも成功している。

  1. Allegro moderato (アレグロ・モデラート、ヘ長調
  2. Assez vif. Très rythmé (十分に活き活きと。きわめてリズミカルに。イ短調)3/4拍子と6/8拍子のポリリズムによるスケルツォ
  3. Très lent (きわめて緩やかに、主部は変ト長調
  4. Vif et agité (活き活きと、激しく、ヘ長調)5/8拍子によるロンド


外部リンク[編集]