弦楽四重奏曲第14番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調作品131は、ベートーヴェン1826年に完成させた室内楽曲。《弦楽四重奏曲第13番》、《第15番》と並ぶベートーヴェン最晩年の弦楽四重奏曲の傑作。出版順によって14番とされているが、15番目に作曲された。

依頼によって書かれた《弦楽四重奏曲第12番》、《第13番》、《第15番》の直後、この第14番は自発的に作曲された。そのためか、内側からの欲求によって作られたより芸術性の高い作品に仕上がっている。伝統的な楽章構成を守りながらも、形式を拡大、分解、複合させながら再構築するというベートーヴェンの構成手法が頂点に達した作品。

ベートーヴェン自身会心の作であり、この曲を作ったとき「ありがたいことに、創造力は昔よりもそんなに衰えてはいないよ」と友人に語ったという。シューベルトはこの作品を聴いて、「この後でわれわれに何が書けるというのだ?」と述べたと伝えられている。所要時間約38分。甥カールの属していた連隊の中将ヨーゼフ・フォン・シュトゥッターハイム男爵に献呈されている。

曲の構成[編集]

定型より多い7楽章からなるが、第1楽章をきわめて長い序奏、短い第3・第6楽章を楽章連結の経過句と見ると、従来の4楽章構成をふまえたものであることが分かる。全曲は休みなく連続して演奏される。

第1楽章 Adagio ma non troppo e molto espressivo
自由な形式のフーガ。このような緩やかな楽章で開始されるのは異例であるが、上記のとおり序奏と見る見方もできる。寂寥にあふれた楽章で、ワーグナーはこの楽章を「音をもって表現しうる最も悲痛なるもの」と評した。
第2楽章 Allegro molto vivace
遠隔調であるニ長調に転ずる。いきいきとした主題を持つロンド。これも副主題がロンド主題から導かれてあまり目立たないなど、自由な形式になっている。
第3楽章 Allegro moderato - Adagio
11小節しかなく、独立した楽章というより、次の楽章への経過句といえる。
第4楽章 Andante ma non troppo e molto cantabile - Più mosso - Andante moderato e lusinghiero - Adagio - Allegretto - Adagio, ma non troppo e semplice - Allegretto
全曲通じてもっとも長大な楽章。32小節と長い主題が第6変奏まで展開される。ベートーヴェンが晩年に力を入れていた緩徐楽章における変奏曲形式の頂点であり、最後の変奏は、主題の原型から大きく隔たった旋律にまで変化しており、変奏の可能性の極限を追及しようとしていることが見てとれる。
第5楽章 Presto
3拍子でなく2拍子であるがスケルツォに相当し、主題は諧謔的。のびやかなトリオは二度繰り返される。ピチカートによる楽器間のやり取りや、特にコーダにおけるスル・ポンティチェロの部分など、楽器演奏的にも可能性を見極めんとしている。
第6楽章 Adagio quasi un poco andante
この調はベートーヴェンの全楽曲の中でも非常に珍しい。ヴィオラによって物悲しいカヴァティーナ風の旋律が歌われる。この旋律はフランス民謡から取られたともいわれている。最終楽章への導入的性格が濃い。
第7楽章 Allegro
終楽章においてはじめてソナタ形式の登場であるが、行進曲調の叩きつけるような第1主題がほぼ原形を保ったまま何度も現われるのでロンド形式ともとれる。第2主題は流れるような対比的なもの。コーダはポコ・アダージョになるなど目まぐるしくリズム、旋律が変化する。最後は長調の音で締められる。

外部リンク[編集]