弦楽五重奏曲第2番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽五重奏曲第2番ハ短調K.406 (516b) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが、自身の作曲した管楽セレナードK.388 (384b)1787年弦楽五重奏に編曲した作品である。

曲の特徴[編集]

原曲の管楽セレナードは1782年7月に作曲されており、2本ずつのオーボエクラリネットファゴットホルンで編成される。この弦楽五重奏への編曲は、その5年後、弦楽五重奏曲第3番第4番を書き上げたあとに行われた。編曲した理由は不明だが、弦楽五重奏曲第3、4番と一緒に出版するためだったのではないかとされている。時間がなかったために慌てて編曲で済ませたためともいわれる。オリジナルの曲は管楽器8本であるが、実質5声であったため、ほとんどそのままこの弦楽五重奏曲となっている。

オリジナルの管楽セレナードは、セレナーデにしては暗く深刻で緊迫した曲風である点で異色である。その管楽セレナードからそのまま置き換えたこの弦楽五重奏曲も、5声ならではの緊密で凝縮された響きを持っている。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 Allegro di molto
  • 第2楽章 Andante
  • 第3楽章 Menuetto in canone - Trio in canone al roverscio
  • 第4楽章 Allegro

編成[編集]

第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、第1ヴィオラ、第2ヴィオラ、チェロ