弦楽のためのレクイエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

弦楽のためのレクイエム』(げんがくのためのレクイエム、Requiem pour orchestre à cordes )は、日本の作曲家武満徹東京交響楽団の委嘱により1957年に作曲した弦楽合奏のための作品である。武満徹の出世作、初期の代表作として知られている。作曲家の早坂文雄に献呈された。なお、肉筆の浄書スコアは、夫人の武満浅香の筆によって作成された。

作曲・初演[編集]

初演は1957年6月20日に上田仁指揮、東京交響楽団により行われた。

1960年に行われた第1回東京現代音楽祭でドイツ大使賞を受賞した[1]

曲の構成[編集]

レクイエム」と名づけられているが、通常の意味における「レクイエム」とは趣が異なる。入祭唱、キリエ、…という構成ではなく、三部形式のような形式をとっている。作品中には、劇団四季の舞台作品『せむしの聖女』(1956年)のために書いた劇音楽の旋律が使用されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 楢崎洋子『武満徹』音楽之友社、2005年、作品表9頁