弘法山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
弘法山古墳
Koboyama Kofun zenkei.JPG
後方部から前方部を望む(眼下に松本盆地
所在地 長野県松本市並柳2-1000
位置 北緯36度12分46.9秒
東経137度58分58.30秒
座標: 北緯36度12分46.9秒 東経137度58分58.30秒
形状 前方後方墳
規模 全長 66 m
出土品 四獣鏡、鉄剣、勾玉など
築造時期 3世紀末 - 4世紀初頭
被葬者 不明
史跡 昭和51年(1976年)国指定
地図
弘法山古墳の位置(長野県内)
弘法山古墳
弘法山古墳
テンプレートを表示
弘法山遠景
古墳は山頂の緑色部分。
弘法山全体は春には桜の名所として知られる。

弘法山古墳(こうぼうやまこふん)は、長野県松本市並柳にある古墳東日本最古級の3世紀末築造の前方後方墳である。西日本でいう出現期・発生期古墳とほぼ同時期と推定される。

概要[編集]

松本市南西部の中山の先端(弘法山、標高約 650 m)にあり、墳丘長 66 m、後方部幅 33 m 、前方部幅22 m 、後方部の高さ 6 m 、前方部の高さ 2 m 、葺き石が部分的に認められたが埴輪の設置や周濠などは認められなかった。

古墳の出現期の3世紀中葉に遡ると考えられているが、4世紀中葉を下らないともいわれている。東日本特有の前方後方墳が前方後円墳に先駆けて出現し、長野県では長野市姫塚古墳が同時期の前方後方墳であり、山梨県では4世紀の築造である小平沢古墳が出現している。

埋葬施設は墳丘の長軸に直交する竪穴式石室状の河原石を積み上げた礫槨で、8.8×5.5 m の墓壙の中央に、長さ 5.5 m 、幅 1.3 m 、高さ 0.9 m で、天井石はない。 箱形の木棺に埋葬されていたものとみられる。内部からは「上方作鏡」銘の四獣文鏡1面、銅鏃1、鉄剣3、勾玉、ガラス小玉738、鉄斧1、鉄鏃24、S字状口縁台付甕などが発見された。出土したものは同市中山の松本市立考古博物館に展示されている。

棺の外側には壺(底部穿孔)・高坏・手あぶり型土器などを葬送儀礼が行われている。その土器は濃尾平野の元屋敷式土器である可能性が強い。また畿内地方の土器型式でいうと庄内式の新しい段階のものか布留式の最も古い段階のものに相当すると考えられる。

前方後方墳は、弥生後期に東海地方西部の濃尾平野において見られる前方後方形の方形周溝墓が祖形であるとも考えられており、濃尾平野は『魏志倭人伝』に出てくる邪馬台国と闘った狗奴国(くなこく)が展開していたとする説があることや、東海地方特有のS字甕が出土していることから、被葬者は濃尾地方の勢力と結んだ地域の首長墓とも考えられる。

ソメイヨシノヤエザクラなど2,000本が植えられており、の名所として紹介されることが多い。また市街地全体が見渡せる立地であるため、テレビ番組で弘法山古墳から市街地を撮影した映像が流れることも多い。春には花見客でにぎわう。

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 弘法山古墳 - 1976年(昭和51年)2月20日指定[1]

長野県指定文化財[編集]

  • 県宝(有形文化財)

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 弘法山古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 弘法山古墳出土品(松本市文化財ホームページ「松本のたから」)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]