弘前学院聖愛中学高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
弘前学院聖愛中学高等学校
HirosakiGakuin Seiai highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人弘前学院
設立年月日 1886年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 02502A
所在地 036-8144
青森県弘前市大字原ヶ平字山元112-21
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
弘前学院聖愛中学高等学校の位置(青森県内)
弘前学院聖愛中学高等学校

弘前学院聖愛中学高等学校(ひろさきがくいん せいあいちゅうがく・こうとうがっこう)は、青森県弘前市大字原ヶ平字山元に所在する私立中学校高等学校キリスト教プロテスタント)主義のミッションスクールである。

歴史[編集]

1886(明治19)年、弘前教会牧師本多庸一遺愛女学校第2代校長メアリー・ハンプトンが協議の上、キャロライン・ライトの寄付による基金の一部をもって、教会内に女学校を開設し、校名はミセス・ライトにちなんで、来徳女学校と称した[1]。来徳女学校は、女学校ではあったが、教師は2名、生徒十数名のうち男子2名がまじっていた[2][3]。1887(明治20)年、遺愛女学校の分校の形をとり、校名を弘前遺愛女学校とした[4][5]。その後、弘前女学校を経て1946年に聖愛高等女学校となった[6]。1950年には校名に弘前学院を加え、現校名となった。女学校として開学以来、女子校として歴史を歩んだが、2000年には男女共学となった。2006年には聖愛中学校も再開し、現在の体制となっている。

沿革[編集]

  • 1886年 - 本多庸一と遺愛女学校第2代校長メアリー・ハンプトンの協議の上、ミセス・ライトにちなんで来徳女学校として開校
  • 1887年 - 遺愛女学校の分校の形をとり、弘前遺愛女学校に改称
  • 1889年 - 弘前女学校として認可
  • 1901年 - 元大工町から坂本町に移転。
  • 1946年 - 聖愛高等女学校に改称
  • 1947年 - 学制改革に伴い、聖愛中学校が発足
  • 1948年 - 学制改革に伴い、聖愛高等学校が発足
  • 1950年 - 弘前学院短期大学発足に伴い、現校名に改称
  • 1974年 - 坂本町から現在地に移転
  • 1980年 - 聖愛中学校が閉校
  • 1986年 - 創立100周年
  • 2000年 - 男女共学化
  • 2006年 - 聖愛中学校が再開

交通[編集]

  • 弘南鉄道大鰐線聖愛中高前駅」 徒歩10分
  • JR奥羽線弘南鉄道弘南線弘前駅」より スクールバス20分
  • 弘南バス 「聖愛高校前」
    • 鯵ヶ沢本町 - 聖愛高校線 (鬼沢・高杉経由)
    • 小友 - 聖愛高校線 (笹館・三世寺経由)
    • 居森平 - 聖愛高校線
    • 相馬庁舎 - 聖愛高校線
    • 黒石駅 - 聖愛高校線 (高田・豊蒔経由)
    • 冬期間(12月 - 3月)には、城東団地・宮園団地・船沢・兼平からの路線も設定される。
      • 登校時間以外は路線バスの設定がない。日中の最寄停留所は「実業高校前」徒歩15分。
      • 登下校時には路線バスの他に弘前駅と弘前東高前駅からのスクールバスが設定されている。方向幕の表示はLED式の側面は「聖愛スクール」、前面は「聖愛高校スクール」、巻き上げ式は、側面・前面ともに「スクール」。

部活動について[編集]

  • 野球部は2012年全国高等学校野球選手権青森大会で初めて決勝に進出し、光星学院高等学校(現・八戸学院光星高等学校)に敗れ準優勝。
  • また、2013年の全国高校野球選手権青森大会で八戸学院光星高等学校や青森山田高等学校などを破り初優勝。青森代表として出場。(通じて初の甲子園出場)[7][8]その年の夏の甲子園では春のセンバツで2度優勝経験のある沖縄尚学高等学校を破るなどして初出場ながら3回戦に進出したが、延岡学園高等学校に敗れた。青森は八戸学院光星、青森山田の2強であり、両校とも関西圏出身の選手が多い中、同校は選手全員が青森出身ということもありメディアからは「りんごっ子」と呼ばれ話題となった。監督の原田は2008年に学校近くの下宿を自らローンを組んで買い取り、自宅兼寮となる「聖球館」をつくった。一つ屋根の下で選手との間に固い信頼関係を育んだ。
  • 女子バレーボール部は春の高校バレー高校総体に出場している。
  • 女子バスケットボール部もウインターカップ高校総体に出場経験がある。

著名な関係者[編集]

著名な出身者[編集]

系列校[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  2. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  3. ^ 広瀬院長の弘前ブログ”. 2014年4月26日閲覧。
  4. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  5. ^ 聖愛の歴史 pdf資料”. 2014年5月3日閲覧。
  6. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  7. ^ 聖愛が初の甲子園 (pdf)”. 東奥日報 インターネット号外. p. 1 (2013年7月23日). 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  8. ^ 聖愛が初の甲子園 (pdf)”. 東奥日報 インターネット号外. p. 2 (2013年7月23日). 2013年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月23日閲覧。
  9. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  10. ^ 聖愛の歴史 pdf資料”. 2014年5月3日閲覧。
  11. ^ 聖愛の歴史: 弘前学院聖愛中学高等学校公式ホームページ”. 2014年4月26日閲覧。
  12. ^ 聖愛の歴史 pdf資料”. 2014年5月3日閲覧。
  13. ^ 弘前大学学術情報リポジトリ, 弘前女学校の音楽教育, 弘前大学教育学部紀要 第82号:87-95(1999年10月)”. 2014年5月25日閲覧。
  14. ^ お茶の水女子大学デジタルアーカイブズ, 小学師範科卒業生アルバム, 番号:g_ph188107-0006”. 2014年5月25日閲覧。
  15. ^ 弘前大学学術情報リポジトリ, 弘前と遺愛女学校の音楽教育, 弘前大学教育学部紀要 第80号:37-47(1998年10月)”. 2014年5月25日閲覧。
  16. ^ 弘前大学学術情報リポジトリ, 弘前女学校の音楽教育, 弘前大学教育学部紀要 第82号:87-95(1999年10月)”. 2014年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]