弘仁寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
弘仁寺
Kouninji hondou.jpg
本堂
所在地 奈良県奈良市虚空蔵町46
位置 北緯34度37分44.2秒 東経135度51分12.1秒 / 北緯34.628944度 東経135.853361度 / 34.628944; 135.853361座標: 北緯34度37分44.2秒 東経135度51分12.1秒 / 北緯34.628944度 東経135.853361度 / 34.628944; 135.853361
山号 虚空蔵山
宗旨 真言宗
宗派 高野山真言宗
本尊 虚空蔵菩薩
創建年 伝・弘仁5年(814年
開基 伝・空海
中興年 寛永6年(1629年
中興 宗全
別称 高樋の虚空蔵さん
札所等 大和北部八十八ヶ所霊場 第74番
文化財 木造明星菩薩立像、木造持国天増長天立像(国の重要文化財
本堂(県指定有形文化財)
算額(市指定有形民俗文化財)
法人番号 1150005000120 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

弘仁寺(こうにんじ)は、奈良市虚空蔵町にある高野山真言宗の寺院。山号は虚空蔵山、本尊は虚空蔵菩薩。奈良市の南部、天理市寄りの、山の辺北道の中ほどの小高い山、虚空蔵山の山腹にある寺院である。毎年4月13日十三詣りで有名。通称、「高樋の虚空蔵さん」と呼ばれる。

歴史[編集]

弘仁5年(814年)、嵯峨天皇の勅願により、空海が創建したと伝えられる。空海は、自ら彫った虚空蔵菩薩像を本尊として安置したという。これとは別に、小野篁を創建者とする説もある。また、先立つ大同2年(807年)に、この地に明星が隕ちたことから、空海が神聖な土地として寺を建立したとも伝えられる。

元亀3年(1572年)、松永久秀の兵火により、伽藍の大部分が焼失。寛永6年(1629年)、宗全によって再興された。

伽藍[編集]

  • 本堂(奈良県指定有形文化財) - 江戸時代[1]
  • 明星堂
  • 山門
  • 奥の院

文化財[編集]

重要文化財
その他の文化財

所在地[編集]

〒630-8412 奈良市虚空蔵町46

交通アクセス[編集]

  • バス利用の場合、最寄りのバス停(高樋町)までの奈良交通バス路線は廃止されており、以下のように乗り換えが必要となる[2]
    • JR・近鉄天理駅から奈良交通バス天理駅行きまたは下山行きで15分、下山下車、奈良市コミュニティバス米谷町集会所前行きに乗り換え9分、高樋町下車、徒歩5分

脚注[編集]

  1. ^ 寺の公式サイトには、「現在の建物は1629年(寛永6年)再興時のものである」旨の説明があるが、奈良県指定文化財一覧(奈良県サイト)は建立年代を元禄年間(1688 - 1704年)とする。
  2. ^ 本節のアクセス情報は以下による。

外部サイト[編集]