引出金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

引出金(ひきだしきん)とは、通常の損益によらない資本金の増減を記録するための、評価勘定に分類される勘定科目である。

個人企業主による、企業の現金や商品を私的に使用したときに用いられ、決算時に資本金勘定(元入金)へ振り替えられる。

「引出金」に代えて「事業主貸」を用いることがある。それに合わせて、事業用の預金に利息が発生した場合等は「事業主借」が用いられる。いずれも決算をもって「元入金」で精算される。[1]

註記[編集]

  1. ^ 事業主貸と事業主借の違いとは?BIZ KARTE (マネーフォワード

関連項目[編集]

外部リンク[編集]