式上亭柳郊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

式上亭 柳郊(しきじょうてい りゅうこう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

北尾重政の門人。式上亭柳郊、柳々山人郊子、竜向斎と号す。作画期は天明から寛政にかけてで、草双紙の挿絵を描いたのが知られる。『面向不背御年玉』の序文には「画工は北尾之換玉」とあり、これを『浮世絵師伝』は「重政の代筆者として著名なりしか、或は重政と紛れ易き事を意味せしものならむ」と解している。

作品[編集]

  • 手拭合』(たなぐいあわせ) ※北尾政演(山東京伝)編、天明4年(1784年)刊行。万象亭らとともに「校合」として名を連ねる。
  • 大通成茲止』(おつなこと)二巻2冊 ※二水山人作、天明5年刊行
  • 『古道具穴掃除』三巻 ※虚空山人作、天明7年刊行
  • 『面向不背御年玉』三巻 ※万象亭作、同上
  • 親の敵現歟夢也』三巻 ※芝全交作、寛政元年(1789年)刊行
  • 本能見世物』三巻 ※芝全交作、寛政2年刊行
  • 『直読見台萩』(なおしてよむやけんだいはぎ)三巻 ※芝全交作 寛政3年刊行

参考文献[編集]

関連項目[編集]