福智川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
弁城ダムから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
福智川
上野峡白糸の滝 - panoramio.jpg
水系 一級水系 遠賀川
種別 一級河川
水源 福智山
河口・合流先 彦山川
流路 福岡県田川郡福智町
流域 福岡県田川郡福智町
テンプレートを表示

福智川(ふくちがわ)は、福岡県田川郡福智町を流れるで、一級水系遠賀川水系一級河川[1]

地理[編集]

福智山の南麓を水源とする[1]。上流端は福智町上野(あがの)皿山で[1]へと流れる[2]。途中、支流岩屋川を合わせ、中里で彦山川に注ぐ[1]。源流域は上野峡(あがのきょう)と呼ばれ、白糸の滝を始めとした名所のほか、上野焼の窯元が集まる[3]

支流[編集]

  • 岩屋川(いわやがわ) - 福智町を流れる遠賀川水系の一級河川。上流端は福智町弁城(べんじょう)岩屋。福智川に注ぐ[4]。弁城ダムがある(後述)。

河川施設[編集]

弁城ダム(岩屋川)[5]

並行する交通[編集]

流域の名所[編集]

虎尾桜
上野峡
福智川源流域にある峡谷北九州国定公園筑豊県立自然公園
福智山への登山口の一つ。神話の時代、当地を訪れたヤマトタケルが急坂で「上がり野かな」と言ったことが「上野」という地名の由来であると伝わる。白糸の滝を始め、河鹿、虎尾、その他かぶと岩・弘法岩・つばめ岩といった奇岩がある。町内を巡回する福祉バス「上野峡入口」バス停付近に架かる城山橋から白糸の滝まで約3キロメートル[3][8]
白糸の滝
上野峡にある。福智川にかかる。高さ20メートル、幅7メートル。修験道開祖役小角を始め、白鳳の時代より名だたるが修行のため訪れたという。そばに観音像が祀られており、江戸時代までは梵音の滝(ぼんおんのたき)とも呼ばれていた[9]
虎尾桜
福岡県最大の高さ17メートルを誇るエドヒガンで、樹齢は推定600年。福智山の霊木といわれたが、平成に入る頃には樹勢がひどく衰えていた。地元ボランティアによる手当てが行われ、さらに樹木医の協力も得て、樹勢を回復するに至る[10]
興国寺
曹洞宗寺院筑豊禅寺としては最古の歴史を持つ[3]
あがの温泉白糸の湯
2002年(平成14年)に開館した温泉宿日帰り入浴可)。3階建ての白い建物で、1階がロビー、2階が浴場、3階がレストランとなっている。大浴場露天風呂サウナといった共同浴場のほか、貸切風呂も備える。
泉質アルカリ性単純温泉無色透明でぬめりのある湯は、地下1,600メートルからくみ上げたもの。効能神経痛冷え性、慢性消化器病など[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『河川大事典』856ページ。
  2. ^ 地理院地図(電子国土Web) 福智川”. 国土地理院. 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 40 福岡県』92ページ。
  4. ^ 『河川大事典』109ページ。
  5. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(2009年撮影)。
  6. ^ ダム便覧 弁城ダム”. 日本ダム協会 (2013年). 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ 福智川の地図”. Mapion. 2017年10月22日閲覧。
  8. ^ 福祉バス「上野・市場コース」運行路線図”. 福智町. 2017年10月21日閲覧。
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 40 福岡県』706ページ。
  10. ^ 虎尾桜の物語”. 福智町. 2017年10月21日閲覧。
  11. ^ 温泉に憩う あがの温泉 白糸の湯”. 福智町. 2017年10月21日閲覧。
  12. ^ クロスロードふくおか あがの温泉 白糸の湯”. 福岡県観光連盟. 2017年10月21日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]