建部政宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建部 政宇(たけべ まさのき、正保4年3月17日1647年4月21日)- 正徳5年1月26日1715年3月1日))は、播磨国林田藩の第3代藩主。

初代藩主・建部政長の五男。正室は板倉重形の娘。子に建部政辰(長男)、建部政周(次男)、娘(内藤忠種正室)、娘(猪飼晴光室)、娘(有馬氏倫正室)。官位は従五位下、内匠頭。幼名は三十郎。主水。政吉。

寛文9年(1669年)12月の先代藩主で兄の政明の死去により、その養嗣子となって寛文10年(1670年)2月27日に跡を継いだ。同年12月28日に叙任する。禁裏造営奉行や寺社奉行などを務めた。絵画の才能にも優れ、狩野常信の門人となる。正徳5年(1715年)1月26日、69歳で死去し、跡を次男・政周が継いだ。墓所は京都市北区紫野の大徳寺芳春院