建部政世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建部 政世(たけべ まさよ、安政元年12月10日1855年1月27日) - 明治10年(1877年6月16日)は、播磨国林田藩の第10代(最後の)藩主。

第9代藩主・建部政和の長男だが、祖父の第8代藩主・建部政醇の三男とされた。官位は従五位下、内匠頭。幼名は三二郎。

文久3年(1863年)4月18日、父政和の死去により、家督を継いだ。慶応3年(1867年)12月20日、上洛する。明治元年(1868年)1月15日、新政府から華頂宮博経親王などの警備を命じられる。また、戊辰戦争では新政府側に与して、姫路藩征伐に参加した。明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還藩知事に就任した。明治4年(1871年)8月18日、廃藩置県により免官となる。明治5年7月3日、叔父に家督を譲った。明治10年(1877年)6月16日、24歳で死去した。墓所は京都市北区紫野の大徳寺芳春院