建礼門院右京大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建礼門院右京大夫(けんれいもんいんうきょうのだいぶ、保元2年(1157年)? - 没年未詳)は、平安時代末から鎌倉時代初期にかけての女流歌人。父は藤原(世尊寺)伊行。母は大神基政の娘での名手である夕霧。名は伊子という説がある。[1]

承安3年(1173年高倉天皇の中宮建礼門院平徳子に右京大夫として出仕。藤原隆信平資盛と恋愛関係にあり、資盛の死後、供養の旅に出たという。建久6年(1195年)頃後鳥羽天皇に再び出仕した。

家集に隆信、資盛との恋の歌を中心とする「建礼門院右京大夫集」がある。

山路の露』の作者であるとする説がある。

脚注[編集]

  1. ^ 角田文衛『日本の後宮』、学燈社、p.299

関連項目[編集]