建忍山垂根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
建忍山垂根
時代 古墳時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 建忍山宿禰命
主君 成務天皇
氏族 穂積臣采女臣
弟財郎女[1]
テンプレートを表示

建忍山垂根(たけおしやまたりね)は、『古事記』等に伝わる古代日本の人物。

穂積臣(穂積氏)の祖とされる。

系譜[編集]

系譜に関して『日本書紀』『古事記』に記載はない。娘に弟財郎女がおり、成務天皇の后となったという。

記録[編集]

古事記』成務条において、成務天皇の妃である弟財郎女の父として登場する。また『古事記』、『日本書紀』、『常陸国風土記』に記される、倭建命の妃である大橘比売命弟橘比売命姉妹の父でもある。穂積神社、忍山神社の祭神。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『古事記』中巻 成務天皇段

参考文献[編集]

  • 宝賀寿男 『古代氏族系譜集成 中巻』 古代氏族研究会、1986年。

関連項目[編集]