延岡健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

延岡 健太郎(のべおか けんたろう、1959年 - )は、広島県広島市出身の経営学者。主な研究領域はイノベーション・マネジメント、製品開発論、技術経営(MOT)。現在、一橋大学イノベーション研究センター教授。経済産業研究所 (RIETI) ファカルティフェロー、組織学会評議員、『組織科学』シニアエディター、『一橋ビジネスレビュー』編集委員を務める。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『マルチプロジェクト戦略:ポストリーンの製品開発マネジメント』(1996年 有斐閣
  • "Thinking Beyond Lean: How Multi-Project Management is Transforming Product Development at Toyota and Other Companies"(1998年 Free Press)(MITのMichael Cusumano教授との共著、中国語フランス語韓国語への翻訳書あり)
  • 『製品開発の知識』(2002年 日本経済新聞社
  • 『MOT(技術経営)入門』(2006年 日本経済新聞社)
  • 『価値づくり経営の論理―日本製造業の生きる道』(2011年 日本経済新聞社)

受賞[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]