廣岡正久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

廣岡 正久(ひろおか まさひさ、1940年2月17日[1] - )は、日本政治学者京都産業大学名誉教授。専門は、ロシア政治思想史。学校法人京都産業大学理事長・同大法学部教授を務めた。

人物・経歴[編集]

1940年大阪府生まれ[2]。曾祖父以来の正教徒の家庭に生まれ、自身も正教徒[3]聖名はマカリイ[4]

大阪府立茨木高等学校を経て、1963年大阪外国語大学外国語学部ロシア語科卒業[5]、1967年慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了[5]。1969年同博士課程中退[3]京都大学より博士(法学)の学位を取得[3]

1969年京都産業大学法学部専任講師、1972年同助教授、1982年同教授。学校法人京都産業大学理事長及び京都産業大学法学部教授[6]。2010年退職。

叔父に広岡謙二がいる。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.339
  2. ^ 廣岡正久先生からのメッセージ | 「今こそ、学問の話をしよう」河合塾
  3. ^ a b c 廣岡正久『キリスト教の歴史〈3〉東方正教会・東方諸教会 (宗教の世界史)』8頁(2013年8月、山川出版社ISBN 978-4634431409
  4. ^ 西日本主教区冬季セミナー
  5. ^ a b 廣岡 正久 - 研究者 - researchmap
  6. ^ 関西セミナーハウス活動センター [今年のプログラム - お茶・文化]