康有溥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

康 有溥(こう ゆうふ、Kang Youpu1867年 - 1898年)、字は広仁、号は幼博または大広末の変法派の人物。康有為の弟。

広東省南海出身。アメリカの宣教師ジョン・グラスゴー・カー(嘉約翰)について3年間西洋医学を学ぶ。マカオで『知新報』の編集にあたり、上海で大同訳書局を開き、日本の書物を翻訳した。また西樵郷で学校を開き、西洋の知識を教授した。さらに女学堂も創設し、1897年には梁啓超譚嗣同らと「不纏足会」を結成した。

1898年戊戌の変法に加わり、八股文の廃止を主張した。しかし戊戌の政変西太后が政権を奪回すると、譚嗣同・楊深秀劉光第楊鋭林旭とともに斬られた。彼らは「戊戌六君子」と呼ばれる。