庵功雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

庵 功雄(いおり いさお、1967年 - )は、日本言語学者日本語学者学位は、博士(文学)大阪大学・1997年)(学位論文「日本語のテキストの結束性の研究 -指示表現と名詞の機能を中心に」)。一橋大学国際教育センター・言語社会研究科教授。研究分野は、文法論・談話など。新村出研究奨励賞、林大記念論文賞、日本語教育奨励賞受賞。

経歴[編集]

大阪府枚方市出身。日本放送協会学園高等学校を経て、1991年大阪大学文学部日本語学科卒業。1996年同大学院文学研究科現代日本語学講座博士後期課程単位取得退学。大阪大学文学部助手、1997年「日本語のテキストの結束性の研究 -指示表現と名詞の機能を中心に」で大阪大学より博士(文学)の学位を取得。

1997年一橋大学留学生センター(現国際教育センター)専任講師。1999年、新村出記念財団第16回新村出研究奨励賞受賞。2001年助教授、2007年准教授、2010年日本語教育学会第5回林大記念論文賞受賞。2012年北京外国語大学北京日本学研究中心教授、日本語教育学会第10回日本語教育奨励賞受賞。2013年一橋大学国際教育センター教授[1]

著書[編集]

単著[編集]

 (中国語版)于日平 他訳『新日本語学入門』外語教学与研究出版社、2005年

  • 『『象は鼻が長い』入門―日本語学の父三上章くろしお出版、2003年
  • 『日本語におけるテキストの結束性の研究』くろしお出版、2007年、ISBN 978-4-87424-399-2
  • 『日本語教育・日本語学の「次の一手」』くろしお出版 2013
  • 『留学生と中学生・高校生のための日本史入門 信長から安保法制まで』晃洋書房, 2016.3
  • 『やさしい日本語 多文化共生社会へ』岩波新書 2016.8
  • 『一歩進んだ日本語文法の教え方』1-2 くろしお出版, 2017-18
  • 『日本語指示表現の文脈指示用法の研究』(ひつじ研究叢書) ひつじ書房, 2019.2
  • 『留学生のための近代文語文入門 現代の日本と日本語を知るために』スリーエーネットワーク, 2021.12

共編著[編集]

 (中国語版)徐一平 他訳『初級日語語法精解』外語教学与研究出版社、2006年

  • 『中上級を教える人のための日本語文法ハンドブック』白川博之監修、高梨信乃,中西久実子,山田敏弘共著、スリーエーネットワーク、2001年
  • 『日本語文法演習 時間を表す表現―テンス・アスペクト』清水佳子共著、スリーエーネットワーク、2003年
  • 『やさしい日本語のしくみ』日高水穂前田直子,山田敏弘,大和シゲミ共著、くろしお出版、2003年
  • 『日本語文法演習 助詞―「は」と「が」、複合格助詞、とりたて助詞など』中西久実子共著、スリーエーネットワーク、2010年、ISBN 978-4-88319-540-4
  • 『日本語教育文法のための多様なアプローチ』森篤嗣共編 ひつじ書房 2011
  • 『日本語文法演習 上級 まとまりを作る表現 指示詞、接続詞、のだ・わけだ・からだ』三枝令子共著 スリーエーネットワーク 2013
  • 『「やさしい日本語」は何を目指すか 多文化共生社会を実現するために』イ・ヨンスク, 森篤嗣共編 ココ出版 2013
  • 『文法・談話研究と日本語教育の接点』阿部二郎,佐藤琢三共編. くろしお出版, 2015.4
  • 『留学生のためのジャーナリズムの日本語 新聞・雑誌で学ぶ重要語彙と表現 上級』一橋大学国際教育センター編,澁川晶, 高橋紗弥子共著. スリーエーネットワーク, 2015.5
  • 『日本語文法研究のフロンティア』佐藤琢三,中俣尚己共編. くろしお出版, 2016.5
  • 『中国語話者のための日本語教育文法を求めて』杉村泰,建石始, 中俣尚己, 劉志偉共編. 日中言語文化出版社, 2017.11
  • 『時間の流れと文章の組み立て 林言語学の再解釈』石黒圭,丸山岳彦共編. ひつじ書房, 2017.12
  • 『日本語のテンス・アスペクト研究を問い直す』1-2 シリーズ編. ひつじ書房, 2019-21
  • 『〈やさしい日本語〉と多文化共生 (学習院女子大学グローバルスタディーズ 岩田一成,佐藤琢三, 栁田直美共編著. ココ出版, 2019.4
  • 『日本語教育はどこへ向かうのか 移民時代の政策を動かすために』牲川波都季編著, 有田佳代子,寺沢拓敬共著. くろしお出版, 2019.6
  • 『「やさしい日本語」表現事典』編著, 志賀玲子, 志村ゆかり, 宮部真由美, 岡典栄著. 丸善出版, 2020.7

監修[編集]

  • 『にほんごこれだけ!』1-2、ココ出版、2010-11年
  • 『中学生のにほんご 外国につながりのある生徒のための日本語 Step1』志村ゆかり編著,志賀玲子, 武一美,永田晶子, 樋口万喜子, 宮部真由美,頼田敦子著. スリーエーネットワーク, 2019.5

エピソード[編集]

  • 趣味は将棋であり、体調を崩した30代後半を経て、「大局観で生きる」ことに目覚めたという[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

  • 庵功雄研究室[2]