庭田重熈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
庭田重熈
時代 江戸時代中期
生誕 享保2年9月21日1717年10月25日
死没 寛政元年8月19日1789年9月30日
官位 従一位権大納言
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 庭田家
父母 父:庭田重孝、母:野宮定基
正室:唐橋在廉
重嗣綾小路俊資、孝嗣、条子、娘二人
テンプレートを表示

庭田 重熈(にわた しげひろ)は、江戸時代中期の公卿庭田重孝の子。官位従一位権大納言

享保2年(1717年)誕生。天明4年(1784年3月14日に出家。

寛政元年(1789年)薨去。

系譜[編集]