庄野直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

庄野 直美(しょうの なおみ、男性、1925年11月19日 - 2012年2月18日[1])は、日本の物理学者、反核運動家。

略歴[編集]

広島県山県郡安芸太田町出身。九州帝国大学理学部在学中、原爆投下から3日後の広島市に入り被爆した。1961年広島大学理学博士。理論物理学研究所、広島大学助教授、広島女学院大学教授を務め、1991年名誉教授となる。専攻は理論物理学[2]。反核運動に挺身し、ヒロシマ・ナガサキ平和基金理事長。

著書[編集]

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 庄野直美氏が死去:中国新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』