庄野直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

庄野 直之(しょうの なおゆき、1957年 - )は、日本実業家フッ素樹脂加工などを手がける中興化成工業株式会社代表取締役社長。福岡県出身[1][2]

略歴[編集]

福岡県立修猷館高等学校[3]を経て、早稲田大学政治経済学部卒業。住友商事北京事務所鉄鋼本部長を経て、1999年、中興化成工業に入社、代表取締役専務・副社長を歴任。2007年より代表取締役・社長執行役員に就任[1]

2008年から2010年まで日本弗素樹脂工業会会長を務めた。公益社団法人横浜インターナショナルテニスコミュニティ会長。長崎県公立大学法人経営協議会委員[1]

妻の多香子は稲尾和久の長女。

人物[編集]

縁があって中興化成工業に入社すると、当時のフッ素樹脂コーティングの加工工程は、職人の経験と勘に頼るところの多い「匠の世界」であり、そこからさらに高品質の追求と管理を徹底するために、ISO(国際標準化機構)の認証を取得するなど業務改革に乗り出す。オリジナル機械の導入やシステムの構築に関わり自動化を進めた結果、国内外の空港や大型スポーツ施設向け屋根材などで世界的評価も高まり、フッ素屋根膜材を作れる国内唯一のメーカーとして、社長に就任するころまでには他社の追随を許さない独自技術を確立した[4]

2004年にはフッ素樹脂のコーティング技術をシリコーン樹脂に活かした自動車用サイドカーテンエアバッグのコーティングを開始。積極的な事業展開に取り組んでいる。

同社は2014年にグッドカンパニー大賞グランプリ、2015年にはふるさと企業大賞(総務大臣賞)を受賞している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]