庄川町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
庄川町駅
Aoshimamachi Station in 1922.jpg
1922年(大正11年)当時の青島町駅
しょうがわまち
Shōgawamachi
東山見 (0.9km)
所在地 富山県東礪波郡庄川町
所属事業者 加越能鉄道
所属路線 加越線
キロ程 19.5 km(石動起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1915年(大正4年)7月21日
廃止年月日 1972年(昭和47年)9月16日
備考 廃駅
テンプレートを表示

庄川町駅(しょうがわまちえき)は、かつて富山県東礪波郡庄川町(現砺波市)にあった加越能鉄道加越線廃駅)。加越線の終着駅だった。

歴史[編集]

  • 1915年(大正4年)7月21日 - 砺波鉄道の開業により青島町駅として開業[1]
  • 1919年(大正8年)9月17日 - 加越鉄道の駅となる[2]
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山地方鉄道の駅となる[2]
  • 1950年(昭和25年)10月23日 - 加越能鉄道の駅となる[2]
  • 1955年(昭和30年)
    • 1月1日 - 庄川町駅に改称[1]
    • 1月12日 - 構内の機関庫で火災が発生。気動車1両が焼失[3]
  • 1957年(昭和32年)1月26日 - 構内の機関庫で火災が発生。機関車1両気動車2両が焼失[3]
  • 1958年(昭和33年)
    • 2月12日 - 機関庫を復旧する[4]
    • 9月28日 - 富山国体開催(剣道会場)を機に駅舎を鉄筋コンクリート造りに改築[3][4]
  • 1965年(昭和40年)8月2日 - 加越線管理事務所を福野駅前から当駅へ移転する[5][6]
  • 1967年(昭和42年)5月 - 車扱貨物の取扱を廃止する[7]
  • 1972年(昭和47年)9月16日 - 加越線の廃止により廃駅[2]

駅構造[編集]

2面3線を有する地上駅であったが、利用客の減少とともに1面のホームの片側のみが使われるようになった[8]。駅構内には機関庫があり、1965年(昭和40年)からは管理事務所も置かれていた[8][6]。駅舎は1958年(昭和33年)にブロック積みのコンクリート造りに改築された[4][5]。構内には1953年(昭和28年)11月に廃車届が出されたハフ10形11やハフ20形21が留置され、倉庫代わりに用いられていた[9]

庄川水力電気専用線[編集]

1926年(大正15年)1月15日に庄川水力電気が小牧発電所建設の為に青島町駅より発電所工事現場まで専用線の運転を開始した[2]。この資材輸送により青島町駅は活況を呈していた[10]。小牧発電所は1930年(昭和5年)11月に発電を開始したが[11]、専用線は1939年(昭和14年)10月8日まで使用されていた[2]。1951年(昭和26年)12月15日に加越能鉄道はこの廃線敷を使用して延長線の免許を取得したが[12]、実現せずに1960年(昭和35年)9月20日に免許失効となった[4]

乗客・貨物の推移[編集]

年度 乗車人員 降車人員 貨物発送トン 貨物到着トン
1918 20,389 19,294 7,576 1,663
1922 34,342 27,287 9,576 2,410
1923 37,821 27,428 10,673 2,721
1926 78,747 58,956 9,266 27,878
1936 76,017 49,593 2,166 4,935
  • 富山県統計書各年度版より

隣の駅[編集]

加越能鉄道
加越線
東山見駅 - 庄川町駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 『官報』(13頁)、1915年(大正4年)8月2日、内閣印刷局
  2. ^ a b c d e f 今尾恵介監修、『日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線 6号』(33頁)、2008年(平成20年)10月、新潮社
  3. ^ a b c 『庄川町史 下巻』1975年、384-385頁
  4. ^ a b c d 加越線資料保存会編、『加越線物語~あの頃加越線が走っていた~』(17頁)、2013年(平成25年)3月、となみ野田園空間博物館推進協議会
  5. ^ a b 服部重敬、『RM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線―庄川水力電気専用鉄道―』(21及び47頁)、2017年(平成29年)11月、ネコ・パブリッシング
  6. ^ a b 富山地方鉄道株式会社編、『富山地方鉄道五十年史』(610頁)、1983年(昭和58年)3月、富山地方鉄道
  7. ^ 服部重敬、『RM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線―庄川水力電気専用鉄道―』(12頁)、2017年(平成29年)11月、ネコ・パブリッシング
  8. ^ a b 服部重敬、『RM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線―庄川水力電気専用鉄道―』(21頁)、2017年(平成29年)11月、ネコ・パブリッシング
  9. ^ 服部重敬、『RM LIBRARY 219 加越能鉄道加越線―庄川水力電気専用鉄道―』(41頁)、2017年(平成29年)11月、ネコ・パブリッシング
  10. ^ 『ダム式発電所写真帖』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 富山県編、『富山県史 年表』(308頁)、1987年(昭和62年)3月、富山県
  12. ^ 「運輸省告示第27号」『官報』1952年2月2日(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]