庄司博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

庄司 博史(しょうじ ひろし、1949年 - )は、日本言語学者である。国立民族学博物館名誉教授。専攻は言語学(主に社会言語学)・ウラル語学・言語政策論・移民政策論。

略歴[編集]

  • 1977年 - ヘルシンキ大学文学部卒業
  • 1980年 - 関西外国語大学大学院外国語研究科修士課程修了
  • 1980年 - 国立民族学博物館第三研究部助手
  • 1990年 - 同助教授
  • 1998年 - 国立民族学博物館民族社会研究部助教授
  • 1999年 - 同教授
  • 2015年 - 定年退職

主な著作[編集]

編著[編集]

  • フィンランド語会話練習帳(大学書林
  • ことばの二〇世紀(ドメス出版
  • 世界の文字辞典(丸善出版)

共編著[編集]

  • 講座世界の先住民族 ファースト・ピープルズの現在 ヨーロッパ(原聖との共編・明石書店
  • 辞典日本の多言語社会(真田信治との共編・岩波書店
  • 日本の言語景観(P・バックハウス、F・クルクスとの共編・三元社

外部リンク[編集]