広視野赤外線サーベイ望遠鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
WFIRSTを太陽と地球のラグランジュ点(L2)に送るイメージCG映像。

広視野赤外線サーベイ望遠鏡: Wide Field Infrared Survey TelescopeWFIRST)は、2010年全米科学アカデミーによって”今後10年間で行う天文研究”で最優先計画として推奨された赤外線天文学宇宙望遠鏡を含む観測計画。2016年2月17日、WFIRSTはNASAの公式ミッションに指定された[1]。2018年5月にWFIRSTプロジェクトは、打ち上げに向けた予備段階のフェーズBへ進んだ[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “NASA Introduces New, Wider Set of Eyes on the Universe” (プレスリリース), (2016年2月18日), http://www.nasa.gov/press-release/nasa-introduces-new-wider-set-of-eyes-on-the-universe 2017年12月14日閲覧。 
  2. ^ Garner, Rob (2016年2月16日). “WFIRST” (英語). NASA. https://www.nasa.gov/wfirst/ 2018年6月28日閲覧。 

公式サイト[編集]