広瀬伸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広瀬 伸一(ひろせ しんいち、1957年12月12日 - 2007年9月26日)は、元アナウンサー。ラジオたんぱ(現・ラジオNIKKEI)アナウンサーを経て、フリーアナウンサーとして中央競馬の実況を中心に活躍した。

略歴[編集]

神奈川県横浜市出身。法政大学法学部卒業後、東京アナウンスアカデミーに入学。1981年、日本短波放送に入社。初実況は1982年5月2日京都1R、アラブオープン(勝馬:ヒミノタカ)。1990年6月上旬までは東日本の競馬場札幌函館福島新潟東京中山)を中心に実況を担当してきたが、同年7月からは西日本の競馬場(中京、京都、阪神小倉)を中心に実況を担当していた。

2003年に退社し、その後はフリーアナウンサーとなる。

1996年のバイオレットステークスでは、降雪の中、全く馬が見えない状況で実況したり、実況を担当するレースになぜか審議がかかることが多いとされるなどのエピソードがある。ちなみに後者のエピソードに関しては、本人が自ら調べ、その風評を否定していた。

大学時代より映画鑑賞を趣味とし、映画には大変詳しかった。また、宝塚歌劇のファンでもあった。ビールチヂミと海鮮焼きそばを好んだ。

フリー転向後は、競馬実況だけでなく、英知大学(現・聖トマス大学)などで、学生により良い話し方を教授した。

闘病[編集]

2006年7月に難治性の未分化癌であるとの診断を受けたが、仕事に対する情熱をいささかも失うことなく実況を続けた。ラジオNIKKEI携帯公式サイト「競馬インパクト」の2007年2月1日付の自筆コラムにおいて、胃癌である旨を公表。外科的治療のため一旦実況を休止するも、同年2月25日の前半の実況で復帰した。

しかし2007年5月末、病状が悪化。懸命の治療も空しく、同年9月26日午後0時41分(JST)死去。49歳没。 訃報を受け、ラジオNIKKEIでは9月29日・30日に競馬中継終了後に追悼番組「声で伝え続けた四半世紀(広瀬伸一さんを偲んで)」を放送。また、グリーンチャンネルでも「RIDE ON 22」で10月17日放送分で追悼コーナーを設けて放送した。