広橋綱光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
広橋綱光
時代 室町時代後期
生誕 永享3年6月13日1431年7月22日
死没 文明9年2月14日1477年3月28日
改名 綱光→秀寂(法名)
別名 号:引接院
官位 従一位内大臣
主君 後花園天皇後土御門天皇
氏族 広橋家
父母 父:広橋宣光、母:豊子女王(資忠王の娘)
兼顕広橋守光[1]聖慶
テンプレートを表示

広橋 綱光(ひろはし つなみつ)は、室町時代後期の公卿広橋宣光の子。官位従一位准大臣内大臣

経歴[編集]

広橋宣光の子として誕生。母は神祇伯資忠王の娘・豊子女王。

文安2年(1445年)に元服して従五位下治部少輔となる。文安5年(1448年)に蔵人となり、宝徳2年(1450年)には右少弁左少弁権右中弁と転じ、享徳元年(1452年)に右中弁、翌年には左中弁蔵人頭右大弁と転じて享徳3年(1454年)に参議康正元年(1455年)に左大弁に転じ、翌年には権中納言右兵衛督検非違使別当長禄3年(1459年)以後、家職であった武家伝奏を務める。寛正6年(1465年)に従二位、文明2年(1470年)に権大納言、文明5年(1473年)に正二位。文明8年(1476年)には南都伝奏を兼務。

武家伝奏のみならず、後土御門後柏原両天皇の乳母(守子、大典侍)や二条政嗣室を娘に持つなど、宮廷にも強い人脈を有し、死の間際には摂関家の左右両大臣が有していなかった従一位に叙されて准大臣宣下を受けている。

脚注[編集]

  1. ^ 広橋兼秀の母
先代:
広橋宣光
広橋家当主
12代
次代:
広橋兼顕