広川あけみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひろかわ あけみ
広川 あけみ
プロフィール
職業 歌手、声優
著名な家族 広川太一郎
活動
活動期間 1960年代 - 不明
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

広川 あけみ(ひろかわ あけみ)は日本歌手声優広川太一郎の実妹、作曲家藤森崇多の実母。

概要[編集]

来歴・人物[編集]

  • 1960年代中期に、フォークデュオ「タフィーズ」を経てソロとしてレコードデビュー。デビュー・シングルは「5×7=35」。
  • その後、メリー・ホプキンの「悲しき天使」のカヴァーを森山良子と競作でリリースしたりした。また、唯一のソロ・アルバム『悲しき天使/広川あけみ 世界のヒットを歌う』がある。
  • 彼女の明るく飾らないトークが好感をもって受け止められ、ニッポン放送の『バイタリス・フォークビレッジ』やRFラジオ日本(旧・ラジオ関東)の『ミュージック・フラッシュ』などの若者向け音楽番組でDJを務めた。
  • その後、『海のトリトン』のピピや『モンシェリCoCo』のココ役など声優としても活動するが、結婚を機に引退した。
  • 現在は主婦業の傍らThe West Hill Singersのミュージカルディレクターとしても活動している。

エピソード[編集]

  • 1967-70年頃、NETテレビ(現・テレビ朝日)の『奈良和モーニングショー』に準レギュラーで出演していたが、ある時、当該番組の看板コーナー「人間蒸発」で父親を捜す幼い少女の訴えに胸が詰まって歌えなくなり、途中でCMに切り替わったことがある。後日、同番組で彼女自身が「ご家族のことを思い、胸がいっぱいになりました。歌えなくてごめんなさい」と謝罪した。

活動[編集]

レコード(シングル)[編集]

  1. 5×7=35(それからそれへと)/ガラスの恋(EXPRESS:EP-1117:1968年8月1日発売)
  2. 悲しき天使/ヘイ・ジュード(EXPRESS:EP-1131:1968年12月20日発売)
  3. 海のトリトン/ピピのうた(COLUMBIA:SCS-392:1977年12月10日発売)B面が広川あけみの歌唱。A面はヒデ夕樹と杉並児童合唱団による。

レコード(オリジナル・アルバム)[編集]

  1. 悲しき天使/広川あけみ 世界のヒットを歌う(EXPRESS:EP-7712:1969年3月10日発売)

A 悲しき天使/サウンド・オブ・サイレンス/風/廃墟の鳩/フール・オン・ザ・ヒル/我が心のアランフェス

B ヘイ・ジュード/青い鳥/小さな日記/戦争は知らない/おはなし/愛のソナタ

レコード(オムニバス・アルバム)[編集]

  1. カレッジ・ポップス・ベスト(EXPRESS:EP-7702:1968年8月10日発売)「5×7=35(それからそれへと)」収録
  2. 若者の唄! カレッジ・ポップス(EXPRESS:EP-7708:1969年2月10日発売)「悲しき天使 」「ヘイ・ジュード」収録
  3. ヤング・ポップス・フラッシュ(EXPRESS:EP-7709:1969年3月1日発売)「悲しき天使」「 ヘイ・ジュード」収録

テレビアニメ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]