広島電鉄1050形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
京阪100型電車 > 広島電鉄1050形電車
広島電鉄1050形電車
(車体更新前)
基本情報
製造所 梅鉢・東洋[1]
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 84(着席 44)人[1]
車両重量 20.0t(PR-10搭載車)[1]
21.5t(Q2D搭載車)[1]
全長 14,637[1] mm
全幅 2,464[1] mm
全高 4,220[1] mm
台車 ブリル27E-1[1]
主電動機 TDK9-C[1]
主電動機出力 37.3kW[1]
搭載数 4[1]基 / 両
歯車比 59:20[1]
備考 両数:4両
テンプレートを表示
広島電鉄1050形電車
(車体更新後)
基本情報
製造所 ナニワ工機[2]
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 110(着席 48)人[4]
車両重量 24.0t[3]
全長 15,956[3] mm
全幅 2,640[3] mm
全高 4,230[3] mm
車体 全金属製[3]
台車 ブリル27E-1[3]
主電動機 TDK9-C[3]
主電動機出力 37.3kW[5]
搭載数 4[3]基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動[6]
歯車比 59:20[6]
備考 両数:4両
テンプレートを表示
広島電鉄1090形電車
基本情報
製造所 ナニワ工機[7]
主要諸元
軌間 1435 mm
車両定員 114(着席 48)人[8]
車両重量 25.5t(1091・1093)[8]
28.5t(1092・1094)[8]
全長 15,875[8] mm
全幅 2,642[8] mm
全高 4,284[8] mm
車体 全金属製[8]
台車 ボールドウィン78-25AA[8]
主電動機 HS-314-Ar[8]
主電動機出力 90kW[8]
搭載数 2[8]基 / 両
駆動方式 吊り掛け駆動[7]
歯車比 55:15=3.67[7]
制動装置 SME[7]
備考 両数:4両
テンプレートを表示

広島電鉄1050形電車(ひろしまでんてつ1050かたでんしゃ)は、1947年(昭和22年)に京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄京阪電鉄が統合した会社)から移籍し、1953年(昭和28年)に車体更新した広島電鉄宮島線専用の電車である。その後、連結改造など行い1982年(昭和57年)に1090形に改番した。市内線(路面電車)の車両に対して床の地表からの高さが高かったため、「高床車」とも呼ばれた。

歴史[編集]

1050形(更新前)時代[編集]

第二次世界大戦後、宮島線の輸送力が切迫[9]1947年(昭和22年)に、運輸省の斡旋により[9]、京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄京阪電鉄が統合した会社)京阪線(現在の京阪電気鉄道京阪本線およびその支線)の木造車両を4両購入した[9][補足 1]。元々、100型およびその改造車である200型である(戦時中に京阪は阪急に統合されており、再独立したのは1949年)。譲渡された時は元車が異なるために、1051・1052と1053・1054では、制御機器が異なっていた[10]

1050形(更新後)時代[編集]

1953年(昭和28年)に、ナニワ工機で、前中扉・前面非貫通大型2枚窓の全金属製車体を新造し載せ替えた[10]。その後に製造された1060形との車体の違いは、1050形は前面窓上部に通風器が2カ所設けられている[11]、車体幅が1060形より狭いためにドア部にステップを設けているなど[12]

新製以来、単行で活躍していたが、1979年(昭和54年)に1053と1054を連結車に改造[10]。同時に、連結した側の運転台を撤去して片運転台化[10]。制御器の改造[10]、台車をブリル27E-1からボールドウィン78-25AAに交換[10]、通風器の撤去[10]、前面窓左側上部に大型方向幕の設置、前照灯のシールドビーム2灯(いわゆる豚鼻ライト)化を行った[10]

1980年(昭和55年)10月に、1051と1052が未改造のまま一旦廃車になった[補足 2]

1090形時代[編集]

1982年(昭和57年)8月に[13]、1053と1054が1091、1092に改番[14]。一旦廃車になっていた1051と1052の車体を利用し、同様の機器に交換して1093、1094として復活した[15]。これまで元車が異なるために機器が異なっていたが、その改造で機器が統一された。1984年(昭和59年)に、ひろしまシティ電車に対抗する形で[11]三菱MDA方式で冷房化改造[11]され、高床車では唯一の冷房車となった。

しかし、宮島線の運用を直通車に統一する方針で、1990年(平成2年)に3900形が登場[16]し、これに交代する形で1990年から1991年にかけて廃車となった[15]。1090形の運行終了で1991年8月で宮島線に残った鉄道車両は消滅した[17]

1093、1094は冷房機器を3900形へ転用した後、長らく荒手車庫で保管されていたが、2002年にアメリカの博物館での車両(ポートランド・ルイストン・インターアーバン線のナルシサス号)復元に当たって台車を提供するために解体された。

各車状況[編集]

1050形
時代車番
1090形
時代車番
京阪神急行
時代車番
広電入線 車体更新 冷房改造 廃車日 備考
1051 1093 229 1947年2月[18] 1954年1月27日[19] 1984年12月26日[20] 1991年12月17日[13] 1980年12月31日廃車(車籍抹消)[21]
1982年車籍復活[13]
1052 1094 230 1947年2月[18] 1954年1月28日[19] 1984年12月26日[20] 1991年12月17日[13] 1980年12月31日廃車(車籍抹消)[21]
1982年車籍復活[13]
1053 1091 109 1947年2月[18] 1953年12月26日[19] 1984年12月4日[20] 1990年6月15日[13] 1982年8月10日車番変更[13]
1054 1092 111 1947年2月[18] 1953年12月29日[19] 1984年12月4日[20] 1990年6月15日[13] 1982年8月10日車番変更[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ これは、京阪神急行が運輸省規格型電車の製造割当を受けるに当たり、その条件として拠出することになったものである。京阪線ではこれに基づいて1300系が製造された。
  2. ^ 3000形を近代化補助金を使っての代替導入になったためとされている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション 私鉄車両めぐり 山陽・山陰』66ページ
  2. ^ 『鉄道ビクトリアル1994年9月号(No.595)』71ページ
  3. ^ a b c d e f g h 『広島の路面電車65年』180ページ
  4. ^ 『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』159ページ
  5. ^ 『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション 私鉄車両めぐり 山陽・山陰』67ページ
  6. ^ a b 『広島の路面電車65年』181ページ
  7. ^ a b c d 『私鉄の車両3 広島電鉄』135ページ
  8. ^ a b c d e f g h i j k 『私鉄の車両3 広島電鉄』134ページ
  9. ^ a b c 『広島電鉄開業100年・創立70年史』126ページ
  10. ^ a b c d e f g h 『私鉄の車両3 広島電鉄』84ページ
  11. ^ a b c 『私鉄の車両3 広島電鉄』85ページ
  12. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』92ページ
  13. ^ a b c d e f g h i 『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』160ページ
  14. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』92・93ページ
  15. ^ a b 『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』79ページ
  16. ^ 『鉄道ビクトリアル1994年10月号(No.596)』100ページ
  17. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』226ページ
  18. ^ a b c d 『広島の路面電車65年』188ページ
  19. ^ a b c d 『私鉄の車両3 広島電鉄』155ページ
  20. ^ a b c d 『私鉄の車両3 広島電鉄』149ページ
  21. ^ a b 『私鉄の車両3 広島電鉄』160ページ

参考文献[編集]

  • 『ローカル私鉄車両20年 路面電車・中私鉄編』(JTBパブリッシング・寺田裕一) ISBN 4533047181
  • 『私鉄の車両3 広島電鉄』( 保育社・飯島巌) ISBN 4586532033
  • 『広島の路面電車65年』(毎日新聞ニュースサービス社・広島電鉄)
  • 『鉄道ビクトリアル』1994年9月号(No.595)
  • 『鉄道ビクトリアル』1994年10月号(No.596)
  • 『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション 私鉄車両めぐり 山陽・山陰』
  • 『広島電鉄開業100年・創立70年史』広島電鉄株式会社社史編纂委員会編、2012年11月