広島県道294号虫道廿日市線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
広島県道294号標識
広島県道294号虫道廿日市線
路線延長 ??.? km
制定年 1960年
起点 広島県廿日市市虫所山字虫道
終点 広島県廿日市市可愛
接続する
主な道路
記法
広島県道42号大竹湯来線
Japanese National Route Sign 0433.svg国道433号
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

広島県道294号虫道廿日市線(ひろしまけんどう294ごう むしどうはつかいちせん)は、廿日市市虫所山と廿日市市可愛を結ぶ一般県道である。

概要[編集]

路線データ[編集]

沿革[編集]

  • 1960年10月10日 広島県告示第682号により広島県道124号虫道廿日市線として認定される。
  • 1972年11月1日 都道府県道標識導入に伴う広島県の県道番号再編により現行の路線番号に変更される。
  • 1988年4月1日 佐伯郡廿日市町が市制施行して廿日市市に移行したことに伴い終点の地名表記が変更される(佐伯郡廿日市町原→廿日市市原)。
  • 1994年4月1日 広島県道173号久地廿日市線が広島県告示第408号の2により廃止されたことに伴い終点が廿日市市原から現在地に移動する(路線延長)。
  • 2003年3月1日 佐伯郡佐伯町が廿日市市に編入されたことに伴い全線が廿日市市域のみを通る路線になり、起点の地名表記が変更される(佐伯郡佐伯町虫所山字虫道→廿日市市虫所山字虫道)。

路線状況[編集]

起点 - 廿日市市玖島・広島県道42号大竹湯来線交点間は狭いため大型車の通行は困難である。

広島県道30号廿日市佐伯線の整備が進んだ今日では通行不能の解消の可能性は皆無に近いが、大正時代に泉水峠にトンネルを掘る計画があった。廿日市市原にその痕跡がある。

重用区間[編集]

  • 広島県道42号大竹湯来線(廿日市市玖島 - 廿日市市玖島・楢原交差点間)
  • 国道433号(廿日市市原 - 廿日市市上平良・上平良交差点間)
  • 国道2号西広島バイパス(廿日市市上平良・上平良交差点 - 廿日市市上平良・速谷交差点間)

通行不能区間[編集]

  • 廿日市市玖島 - 廿日市市原間(泉水峠

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 廿日市市

接続道路[編集]

※この間に通行不能区間あり。

[編集]

  • 泉水峠(廿日市市玖島 - 廿日市市原間、自動車通行不能)
    佐伯側は峠まで自動車で登れるが、県道区域は廿日市市玖島・広島県道292号川角佐伯線交点から500mほどで終わっている(予告標識あり)。

主要施設[編集]

名所・旧跡・観光地[編集]

関連項目[編集]