広島県立歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 広島県立歴史博物館
Hiroshima Prefectural Museum of History
Hiroshima Prefectural Museum of History01s2040.jpg
広島県立歴史博物館の位置(広島県内)
広島県立歴史博物館
広島県内の位置
施設情報
愛称 ふくやま草戸千軒ミュージアム
専門分野 草戸千軒町遺跡中心とした瀬戸内地域の民衆生活と文化
管理運営 広島県
延床面積 8,940.63m2
開館 1989年11月3日
所在地 720-0067
広島県福山市西町2丁目4-1
位置 北緯34度29分23.08秒 東経133度21分32.14秒 / 北緯34.4897444度 東経133.3589278度 / 34.4897444; 133.3589278座標: 北緯34度29分23.08秒 東経133度21分32.14秒 / 北緯34.4897444度 東経133.3589278度 / 34.4897444; 133.3589278
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM

広島県立歴史博物館(ひろしまけんりつれきしはくぶつかん)は、広島県福山市の福山城公園文化ゾーンにある歴史博物館。愛称はふくやま草戸千軒ミュージアム

概要[編集]

1989年11月3日開館。草戸千軒町遺跡出土品(国の重要文化財)を中心に瀬戸内地方の交通・交易や民衆生活に関する資料などを展示している。福山城の三の丸跡に位置し、建設に際しては家老屋敷苑池跡、築地塀跡、番所跡といった福山城の遺跡が破壊されるなど、皮肉にも歴史の理解を深める目的のため多数の文化財が失われることになった。

開館25周年を迎えた2014年4月にふくやま草戸千軒ミュージアムの愛称が付けられ、観光ガイドなどの表記も「ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館)」に変更された。

常設展示施設[編集]

玄関
玄関付近 / 2005年11月27日撮影

地理院地図 Googleマップ 広島県立歴史博物館

  • 通史展示室「瀬戸内の歴史をたどる」
  • 草戸千軒I展示室「よみがえる草戸千軒」
  • 草戸千軒II展示室「出土品は語る」

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9:00~17:00
  • 休館日 - 月曜日(但し祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日
  • 観覧料 - 一般:290円、大学生:210円、高校生以下無料
  • 所在地 - 〒720-0067 広島県福山市西町2-4-1

(ミュージアムショップ及び図書室の利用は無料である)

建築概要[編集]

  • 設計 - 佐藤総合計画
  • 施工 - 株式会社鈴木工務店
  • 延床面積 - 8,940.63m2
  • 規模 - 地上2階、地下1階
  • 構造 - RC造、SRC造
  • 竣工年 - 1989年

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

周辺情報[編集]

備考[編集]

外部リンク[編集]