広島晃甫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

広島 晃甫(ひろしま こうほ、本名:広島新太郎、1889年明治22年)11月23日 - 1951年昭和26年)12月16日)は、徳島県徳島市出身の日本画家。香川県立工芸学校(現香川県立高松工芸高等学校)、東京美術学校日本画科(現東京藝術大学)卒業。

生涯[編集]

徳島県徳島市に生まれる。1907年明治40年)に香川県立工芸学校を卒業。1909年(明治42年)に白馬会洋画研究所に入り、後に画家の萬鉄五郎らとアブサント会を興す。1912年(明治45年)に東京美術学校日本画科を卒業。その後、長谷川潔永瀬義郎と共に日本版画倶楽部を結成。

第1回帝展、第2回帝展で特選になり名が知られるようになる。帝展審査員、新文展審査員などを歴任した。

主な作品[編集]

国立美術館
徳島県立近代美術館

関連項目[編集]