広島型原爆 (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

単位としての広島型原爆(ひろしまがたげんばく)とは、放射能による熱量や各種被害の量[要出典]を表す慣用単位。「広島型原爆n個分」のように表される。

用法[編集]

熱量を表す場合は、広島型原爆「リトルボーイ」の核出力である5.5 × 1013ジュールが「広島型原爆1個分」である。

主に日本で放送されるドキュメンタリーにおいて、核爆発の威力を強調して伝えたい場合などに、「広島型原爆n個分のエネルギー」のように使われる。

関連項目[編集]