広島国際アニメーションフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

広島国際アニメーションフェスティバル(ひろしまこくさいアニメーションフェスティバル)は広島県広島市で2年に一度、8月に開かれる国際アニメーションフィルム協会公認の映画祭である。

概要[編集]

主催は広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、広島市文化財団である。共催として国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-Japan)も係わっている。アヌシーオタワザグレブと並ぶ世界4大アニメーションフェスティバルの一つで、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA、en:International Animated Film Association)公認フェスティバルである。 第1回は1985年開催。初年度は被爆40周年を記念して開催された。第2回が1987年、第3回が1990年と開催間隔が一定しなかったが、第4回以降は2年ごとの開催が定着している。

コンペティション、上映会、ワークショップ、エデュケーショナルフィルムマーケットなどが開かれる総合的な映画祭である。主要な賞はグランプリとヒロシマ賞。受賞作品に『おんぼろフィルム』(第一回グランプリ:手塚治虫)、『木を植えた男』(第二回グランプリ:フレデリック・バック)、『頭山』(第十回グランプリ:山村浩二)、『カフカ 田舎医者』(第十二回グランプリ:山村浩二)など。原爆投下都市広島で開かれることからアニメーションを通じての国際的相互理解と世界の恒久平和を訴えている。日本で世界の優れたアニメーションが見られる貴重な機会である。

会場は第1回は広島市公会堂、2,3回は広島厚生年金会館が使用された後、第4回以降はアステールプラザで開催されている。

21世紀の開催[編集]

第 9回:2002年 8月22日 - 26日
第10回:2004年 8月19日 - 23日
第11回:2006年 8月24日 - 28日
第12回:2008年 8月7日 - 11日
第13回:2010年 8月7日 - 11日
第14回:2012年 8月23日 - 27日
第15回:2014年 8月21日 - 25日
第16回:2016年 8月18日 - 22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]