広島国際アニメーションフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
広島国際アニメーションフェスティバル
受賞対象 短編アニメーション
開催日 隔年8月
日本の旗 日本
授与者 国際アニメーション映画協会(ASIFA)
初回 1985年
最新回 2016年
公式サイト http://hiroanim.org

広島国際アニメーションフェスティバル(ひろしまこくさいアニメーションフェスティバル)は広島県広島市で2年に一度、8月に開催される短編アニメーションを専門に扱う国際映画祭である。

ASIFA(International Animated Film Association / 国際アニメーション映画協会)、映画芸術科学アカデミー公認。

概要[編集]

主催は広島国際アニメーションフェスティバル実行委員会、広島市、広島市文化財団である。共催として国際アニメーションフィルム協会日本支部(ASIFA-Japan)も係わっている。アヌシーオタワザグレブと並ぶ世界4大アニメーションフェスティバルの一つで[1]、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA、en:International Animated Film Association)公認フェスティバルである。 第1回は1985年開催。初年度は被爆40周年を記念して開催された。第2回が1987年、第3回が1990年と開催間隔が一定しなかったが、第4回以降は2年ごとの開催が定着している。

コンペティション、上映会、ワークショップ、エデュケーショナルフィルムマーケットなどが開かれる総合的な映画祭である。主要な賞はグランプリとヒロシマ賞。受賞作品に『おんぼろフィルム』(第一回グランプリ:手塚治虫)、『木を植えた男』(第二回グランプリ:フレデリック・バック)、『頭山』(第十回グランプリ:山村浩二)、『カフカ 田舎医者』(第十二回グランプリ:山村浩二)など。原爆投下都市広島で開かれることからアニメーションを通じての国際的相互理解と世界の恒久平和を訴えている。日本で世界の優れたアニメーションが見られる貴重な機会である。

会場は第1回は広島市公会堂、2,3回は広島厚生年金会館が使用された後、第4回以降はアステールプラザで開催されている 。

プログラム[編集]

コンペティション部門 (Competition)
応募された作品を対象に、国際審査委員・国際選考委員が審査。各賞を授与する。
2016年度の応募作品数は、世界78ヵ国と地域より計2248作品[1]
  • グランプリ
  • ヒロシマ賞
  • デビュー賞
  • 木下蓮三賞
  • 観客賞
  • 国際審査委員特別賞
  • 優秀賞
ベスト・オブ・ザ・ワールド (Best of the World)
近年公開の上映作の中で優れた作品を上映。
学生優秀作品特集 (Stars of Students)
学生が制作した作品を対象に特集。
平和のためのアニメーション (Animation for Peac)
平和をテーマとする優れた作品を上映。
アニメーション・フロム・ザ・ワールド (Animation from the World)
世界のインスピレーション溢れる短編作品を紹介。
子どものためのアニメーション (Animation for Children)
児童向けに制作されたアニメーションを上映。
世界の子供たちが作るアニメーション (Animation made by Children of the World)
世界中の子どもたちが制作した作品を上映。

21世紀の開催[編集]

第 9回:2002年 8月22日 - 26日
第10回:2004年 8月19日 - 23日
第11回:2006年 8月24日 - 28日
第12回:2008年 8月7日 - 11日
第13回:2010年 8月7日 - 11日
第14回:2012年 8月23日 - 27日
第15回:2014年 8月21日 - 25日
第16回:2016年 8月18日 - 22日

グランプリ[編集]

開催年 題名 監督 製作国
1985年 おんぼろフィルム 手塚治虫 日本の旗 日本
1987年 木を植えた男
L'homme qui plantait des arbres
フレデリック・バック カナダの旗 カナダ
1990年 雌牛
Korova
アレクサンドル・ペトロフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
1992年 サンドマン
The Sandman
ポール・ベリー イギリスの旗 イギリス
1994年 大いなる河の流れ
Le fleuve aux grandes eaux
フレデリック・バック カナダの旗 カナダ
1996年 反復
Repete
ミハエラ・パヴラートヴァー チェコの旗 チェコ
1998年 老婦人とハト
La vieille dame et les pigeons
シルヴァン・ショメ フランスの旗 フランス
2000年 ある一日のはじまり
When the Day Breaks
ウェンディー・ティルビー
アマンダ・フォービス
カナダの旗 カナダ
2002年 岸辺のふたり
Father and Daughter
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット オランダの旗 オランダ
2004年 頭山 山村浩二 日本の旗 日本
2006年 ミルク
Milch
イーゴリ・コヴァリョフ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2008年 カフカ 田舎医者 山村浩二 日本の旗 日本
2010年 アングリーマン
Sinna Mann
アニータ・キリ ノルウェーの旗 ノルウェー
2012年 ネコを埋葬するネズミを見た
I Saw Mice Burying a Cat
ドミトリー・ゲラー ロシアの旗 ロシア
2014年 ザ・ビガー・ピクチャー
The Bigger Picture
デイジー・ジェイコブス イギリスの旗 イギリス
2016年 空き部屋
The Empty
ダヒ・チョン 韓国の旗 韓国

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]