広島エルピーダメモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広島エルピーダメモリ株式会社
Hiroshima Elpida Memory, Inc.
種類 株式会社
略称 広島エルピーダ
本社所在地 日本の旗 日本
739-0198
広島県東広島市吉川工業団地7番10号
設立 2003年9月
業種 電気機器
事業内容 半導体製造事業
主要株主 エルピーダメモリ 100%
外部リンク http://www.h-elpida.com/
テンプレートを表示
エルピーダメモリ広島工場 Elpida Memory, Inc - panoramio.jpg

広島エルピーダメモリ株式会社(ひろしまエルピーダメモリ)はDRAMを中心とした半導体の前工程事業を行っていた会社である。エルピーダメモリ生産部門子会社であった。当時、広島県東広島市に本社を置き、本社(当時)敷地の内には親会社のエルピーダメモリの「広島開発センター」が設置されて、現在に至るまで先端DRAM製品の開発を中心に業務を行っている。

広島エルピーダメモリは2008年4月1日にエルピーダメモリに吸収合併されて消滅した[1]。現在もマイクロンメモリジャパンの工場として稼動している。

概要[編集]

エルピーダメモリ広島日本電気前工程事業を譲り受け、100%出資で設立した。建屋は旧広島日本電気のものである。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]