広山義慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広山 義慶(ひろやま よしのり、1937年(昭和12年)1月30日 - 2013年(平成25年)9月10日)は、日本の作家

大阪府生まれ。本名・明志。早稲田大学文学部仏文科中退[1]翻訳児童文学TVドラマ脚本劇画原作など数多くの職業を経験する。1983年『夏回帰線』でデビュー。『女喰い』シリーズはみね武志村裕次らによって漫画化され芳文社から刊行された。名は「ぎけい」とも読まれる。

著書[編集]

  • 『夏回帰線』栄光出版社、1983 のち広済堂文庫、角川文庫
  • 『将門伝説殺人事件 14人の死者の謎』ノン・ノベル、1984 「「平将門」殺人事件―首塚伝説の謎」ノン・ポシェット
  • 『裁きは血の匂い』広済堂ブルーブックス、1984 のち文庫、徳間文庫
  • 平家物語殺人事件―俊寛怨霊伝説の謎』ノン・ノベル、1984
  • 源氏物語』原典殺人事件』ノン・ノベル、1985 「闇の血脈」ケイブンシャ文庫
  • 『裁きは紅い薔薇』広済堂ブルーブックス、1985 のち天山文庫、徳間文庫
  • 『野獣は血で裁け』広済堂ブルーブックス、1985 のち天山文庫、徳間文庫
  • 『波の殺意』広済堂ブルーブックス、1985 のちケイブンシャ文庫
  • 『憤怒の劫火』実業之日本社 ジョイ・ノベルス、1985 のちケイブンシャ文庫
  • 『魍魎砂漠』ジョイ・ノベルス、1986 『狂熱砂漠』角川文庫
  • 『「丹後・宮津」殺人岬』広済堂ブルーブックス、1986 のち天山文庫、『愛欲岬』徳間文庫
  • 『雪の殺意』広済堂ブルーブックス、1986 のち文庫、ケイブンシャ文庫
  • 青葉城恋歌殺人事件』ノン・ノベル、1986 『贋作の神話』ケイブンシャ文庫
  • 『夜の葬送』サンケイノベルス、1986 のち徳間文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『風の殺意』広済堂ブルーブックス、1987 のちケイブンシャ文庫
  • 『百首町秘戯殺人事件』フタバノベルス、1987 のち文庫
  • 『信濃路連続殺人事件―初恋捜査行』講談社 (Jノベルス)、1987 のち広済堂文庫、『溺れた女』徳間文庫
  • 『探偵稼業』青樹社ビッグブックス 1988 『肉欲の街―探偵稼業』徳間文庫
  • 『上諏訪殺人ルート』天山ノベルス、1988 のち広済堂文庫
  • 『兇獣よ闇を裂け』ケイブンシャノベルス、1988 のち文庫、広済堂文庫
  • 入道崎殺人事件 みちのくに消えた女』立風ノベルス、1988 『愛欲の女』徳間文庫、「闇の殺意」ケイブンシャ文庫
  • 千曲川殺人事件』広済堂ブルーブックス、1988 のち文庫
  • 「女喰い」シリーズ 祥伝社ノン・ノベル
『女喰い』1988、のち文庫
『女喰い・のしあがり編』1988
『女喰い・脅迫(ゆすり)編』1989
『女喰い・対決編』1989
『女喰い・秘術編』1989
『女喰い・絶技編』1990
『新・女喰い』1990 『女喰い 志津馬の獲物』祥伝社文庫
『新・女喰い 男殺し編』1991 『おとこ殺し―女喰い・横浜(ハマ)の性戦』祥伝社文庫
『新・女喰い・法悦編』1991 『女喰い―志津馬、勃つ』祥伝社文庫
『女喰い・絶頂編』1992
『復活・女喰い』1994 のち文庫
『女喰い・美味堪能編』1997 『女喰い 天衣無縫』祥伝社文庫
『女喰い・悪女伝説』ノン・ノベル、1998
『極悪天使―逆讐!女喰い』ノン・ノベル、1999
『魔刃(ドス)伝説―激突!女喰い』ノン・ノベル、1999
『蕩らす―逆転!女喰い』ノン・ノベル、2000
『女喰い 人妻地獄』ノン・ノベル、2002
『女坂 新生・女喰い』祥伝社文庫、2010
  • 裏刑事(でか)シリーズ
『必殺処刑人―裏刑事捜査帳』ジョイノベル、1988 裏刑事 闇の処刑人』ワンツーポケットノベルス 2003
『裏刑事地獄の追跡行』フタバノベルス、1988 のち文庫、「金髪(ブロンド)の正体 裏刑事捜査帳」角川文庫
『裏刑事飛騨秘水殺人行』フタバノベルス、1990 のち文庫
『裏刑事捜査帳―皆殺しの挽歌』ケイブンシャノベルス、1990 のち文庫
『野獣の標的―裏刑事捜査帳』ジョイノベルス、1990 のち角川文庫、青樹社文庫
『暗黒の祭典―裏刑事捜査帳』角川文庫、1992
『滅亡の黙示録 裏刑事捜査帳』ケイブンシャノベルス、1992 のち文庫
『淫風列島―裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、1993
『闇を冒す者―裏刑事捜査帳』ジョイノベルス、1993 のち角川文庫、広済堂文庫
『暗空の亀裂―裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、1994
『熱風原野―裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、1995
『伝説の落日―裏刑事捜査帳 最終編』ジョイ・ノベルス、1997
『凶獣 新・裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、2006
『沈黙の野獣 新・裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、2007
『許されざる者―新・裏刑事捜査帳』ジョイ・ノベルス、2008
  • 『松江宍道湖殺人事件』天山ノベルス、1989 『強請(ゆすり) 』飛天文庫、原題で広済堂文庫
  • 『幻の甲子園殺人事件』広済堂ブルーブックス、1989
  • 『蛇蠍の如く復讐せよ!』ケイブンシャノベルス、1989
  • 『処刑(ころし)は復讐の遊戯(ゲーム) 』ケイブンシャノベルス、1989 「復讐の遊戯」文庫、広済堂文庫
  • 『野獣逃亡』ケイブンシャ文庫、1990 のち広済堂文庫
  • 『絶頂で殺せ』ケイブンシャノベルス、1990 『悪色狩り』文庫
  • 『萩・秋吉台殺人事件』天山ノベルス、1990
  • 『人妻潰し』ジョイ・ノベルス、1991
  • 『禁断の獣たち』ケイブンシャノベルス、1991 のち徳間文庫
  • 人狩りシリーズ
『人狩り稼業』広済堂ブルーブックス、1991
『人狩り稼業〈受難篇〉』広済堂ブルーブックス、1992 のち文庫
  • 無法戦士・雷神シリーズ
『炸裂 帰ってきた雷神』光文社カッパ・ノベルス、1991 のち文庫
『秘命捜査人(ハンター・コップ)』光文社カッパ・ノベルス、1992 のち文庫
『闇の捜査人』光文社カッパ・ノベルス、1992 のち文庫
『雷神・怒りの処刑人』光文社カッパ・ノベルス、1993 のち文庫
『八月の血と唇』光文社カッパ・ノベルス、1994 のち文庫
『闇の蠍』カッパ・ノベルス、1997 のち光文社文庫
『魔性熱帯(パウダーロード)』カッパ・ノベルス、1998
『暗黒潮流「Z」』カッパ・ノベルス、1998
  • 極悪シリーズ
『極悪 成り上がり篇』角川ノベルス、1991 のち文庫、ケイブンシャ文庫
『極悪〈修羅場編〉』カドカワノベルズ、1993 のちケイブンシャ文庫
『極悪〈ゆさぶり編〉』カドカワノベルズ、1994 のちケイブンシャ文庫
『極悪―悪党対決編』カドカワノベルズ、1995 のちケイブンシャ文庫
  • 悪名伝シリーズ
『悪名伝』ノン・ノベル、1992
『悪名伝〈抱込み編〉』ノン・ノベル、1993 のち祥伝社文庫
『悪名伝・天才美少年編 女殺師』ノン・ノベル、1994
  • 女飼いシリーズ
『女飼い』トクマ・ノベルズ、1992 のち文庫
『女飼い・情事の報酬』広済堂ブルーブックス、1997
『女飼い・禿鷹どもの贄』トクマ・ノベルズ、1997 のち文庫
『女飼い・消えたリリー』トクマ・ノベルズ、1998 のち文庫
『女飼い―悪女の匂い』トクマ・ノベルズ、1999
  • 『凶鬼還る』トクマ・ノベルズ、1992 のち文庫、ケイブンシャ文庫
  • 『才女潰し』ジョイノベルス、1992 『才女ハンター』角川文庫
  • 好色ギャンブラー・シリーズ
『好色ギャンブラー』角川文庫、1992
『好色ギャンブラー―追跡』カドカワノベルズ、1995
『女詐欺師の切り札―好色ギャンブラー』角川文庫、1996
『地獄を見た男―好色ギャンブラー』ケイブンシャノベルス、2001
『逆転の絵札―好色ギャンブラー』広済堂ブルーブックス、2003
  • 『暴れ獅子』トクマ・ノベルズ、1993 のち文庫
  • 『女を賭ける街』ジョイ・ノベルス、1993
  • 『鬼が哭く』トクマオーノベルス、1993 『悪鬼』徳間文庫
  • 『無法捜査』ジョイノベルス、1993 のち広済堂文庫
  • 虚構の街シリーズ
『虚構の街』カドカワノベルズ、1993
『虚構の街〈2〉毒牙』カドカワノベルズ、1994
  • 『姦刑』飛天ノベルス、1994
  • 『愛欲の迷宮』徳間オリオン文庫、1994
  • 『情炎』トクマ・ノベルズ、1994 のち文庫
  • 『欲望査察官』ケイブンシャノベルス、1994 のち文庫
  • 『闇に笑う女』トクマ・ノベルズ、1994 『痴態』文庫
  • 『怨讐の牙』トクマ・ノベルズ、1995 のち文庫
  • 『裏切り』飛天文庫、1995
  • 『闇狩り』光風社ノベルス、1995 のち文庫
  • 『凶悪海流』光文社カッパ・ノベルス、1995 のち文庫
  • 『好色強請人』広済堂ブルーブックス、1995 のち文庫
  • 『妄炎の闇』飛天文庫、1995
  • 『遊人無頼』日本文芸社・日文ノベルス、1995
  • 『危険地帯(ハザード)の女』ケイブンシャノベルス、1995
  • 『くそでか』トクマ・ノベルズ、1995 のち文庫 1998
  • 黒虎(ブラック・タイガー)シリーズ
『黒虎』ノン・ノベル、1996 のち祥伝社文庫
『紅い密使』ノン・ノベル、1996
『黒獅子(ブラック・ライオン)』ノン・ノベル、1997
  • ろくでなしシリーズ
『ろくでなし』カドカワノベルズ、1996
『“ろくでなし”奮闘―淫邪教団を潰せ!』カッパ・ノベルス、1996 のち文庫 
『ろくでなし見参!』トクマ・ノベルズ、1996 のち文庫 
『腐蝕の罠―ろくでなし、潜入!』ジョイ・ノベルス、1997 のち広済堂文庫
『闇の標的―ろくでなし、追跡!』ジョイ・ノベルス、1998
『非情の罠―ろくでなし、純情す』ジョイ・ノベルス、1998 のち広済堂文庫
『ろくでなし 怒殺』トクマ・ノベルズ、2000 
『悪鬼の罠―ろくでなし、やったるぜ!』ジョイ・ノベルス、2000 のち広済堂文庫
『ろくでなし疫病神』トクマ・ノベルズ、2001
『焦熱の罠―ろくでなし、危機一髪!』ジョイ・ノベルス、2001
『虚飾の罠―ろくでなし烈火』ジョイ・ノベルス、2002
『聖の罠―ろくでなし、反撃!』ジョイ・ノベルス、2002
『陰謀の罠―ろくでなし激昂』ジョイ・ノベルス、2003
『美唇の罠―ろくでなし遊蕩!』ジョイ・ノベルス、2003
『ろくでなし慟哭!』ジョイ・ノベルス、2010
  • 『怪異の森』桃園新書、1996
  • 『“百億の女”』ジョイ・ノベルス、1996
  • 『平成暗殺の会』ジョイ・ノベルス、1996
  • 『美神幻想』ジョイ・ノベルス、1996
  • 『悪女潰し―官能仕事人』飛天ノベルス、1996
  • 『烈情』カドカワノベルズ、1996
  • 『蒼獣の牙』ケイブンシャノベルス、1996 のち文庫
  • 『闇の連環(リング)』ジョイノベルス、1996 のち広済堂文庫
  • 『闇の挽歌』ジョイ・ノベルス、1997
  • 『爆怒―裁き屋稼業』幻冬舎ノベルス、1997 のち徳間文庫
  • 『腐った闇』トクマ・ノベルズ、1998 のち文庫
  • 『綺羅の闇』中央公論社 (C★NOVELS)、1998
  • 『快楽師・犀門』ノン・ノベル、1998
  • 『闇の慟哭』ジョイ・ノベルス、1999
  • 『闇の回廊』ジョイ・ノベルス、1999
  • 『挑む女』ケイブンシャノベルス、1999 『裏切りの迷路』文庫
  • 『闇の乱』ケイブンシャノベルス、1999
  • 女身変幻 女ボディガード秘録シリーズ
『女狐』フタバノベルス、1999 のち文庫
『妖花』フタバノベルス、2000 のち文庫
『蜜罠』フタバノベルス、2001 のち文庫
『女神鬼神』フタバノベルス、2002 のち文庫
『女狼の蜜』フタバノベルス のち文庫
  • 『闇のフィクサー』ジョイ・ノベルス、2000
  • 『邪淫の絆』カッパ・ノベルス、2000
  • 『夜の総務探偵』広済堂ブルーブックス、2001 のち文庫
  • 『コリアンエンジェル』ジョイ・ノベルス、2001
  • 『私刑警察 激弾!』トクマ・ノベルズ、2001 のち文庫
  • 『破戒坊』ノン・ノベル、2001 『絶倫坊』祥伝社文庫
  • 『柔肌喰い』ベストセラーズ・ベストロマン文庫、2002
  • 『のるかそるか―東京カジノ・パラダイス』トクマ・ノベルズ、2002
  • 『されど淫』フタバノベルス、2002
  • 『私刑執行 凄弾!』トクマ・ノベルズ、2002
  • 『女ころがし』トクマ・ノベルズ、2003
  • 『やみつきの女神』徳間文庫、2003
  • 『悶絶禅師』ノン・ノベル、2003
  • 『とびきりの女神』徳間文庫、2003
  • 『花盛りのとき』大洋文庫、2004
  • 『黒の闘魂』ジョイノベルス、2004
  • 『黒の謀殺』ジョイノベルス、2004
  • 『蜜楽の罠』広済堂文庫、2004
  • 『迷い道』広済堂ブルーブックス、2004
  • 『凶悪海流』カッパ・ノベルス、2005
  • 『女神の悦楽』廣済堂文庫、2005
  • 『朱色の悦楽』双葉文庫、2005
  • 『うしろ好き』徳間文庫、2005
  • 『蜜謀の罠』廣済堂ブルーブックス、2005
  • 『愛国の天使』ジョイ・ノベルス、2005
  • 『闇刑事(ヤミデカ) 』1-4 フタバノベルス、2005‐ のち文庫
  • 『リタイア刑事 沖島泰三』ジョイ・ノベルス、2006
  • 『誓いの旅路』桃園文庫、2006
  • 『背徳』双葉文庫、2006
  • 『華麗なる復讐』双葉文庫、2007
  • 『虚空の賭け』桃園文庫、2007
  • 『凶狡の罠』ジョイ・ノベルス、2007
  • やぶひげ祥庵シリーズ
『房中指南』コスミック・時代文庫、2008
『女房喰い』コスミック・時代文庫、2009
『闇のひめごと』コスミック・時代文庫、2009
  • 『血の代償』ジョイ・ノベルス、2009
  • 『淫蕩の季節』双葉文庫、2012
  • 『超法規刑事』ジョイ・ノベルス、2012

参考[編集]

[編集]

  1. ^ 卒業とするものもあるが『文藝年鑑』では中退となっている。