広尾彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
広尾 彰
Hiroo Akira.jpg
広尾 彰(海軍少尉時代)
生誕 1920年1月
日本の旗 日本 佐賀県三養基郡旭村
死没 1941年12月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ準州真珠湾
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1940 - 1941
最終階級 OF-2 - Kaigun Taii (collar).gif 海軍大尉
テンプレートを表示

広尾 彰(ひろお あきら、1920年大正9年)1月 - 1941年昭和16年)12月8日)は、日本海軍軍人特殊潜航艇甲標的」艇長として真珠湾攻撃に参加し、戦死した九軍神の一人。二階級特進により最終階級は海軍大尉

人物・来歴[編集]

略歴[編集]

佐賀県三養基郡旭村(現・鳥栖市)出身。父は小学校の校長を勤める教育者であった。三養基中学校を経て、 海軍兵学校入校。広尾は海兵68期豊田穣酒巻和男鴛淵孝らが同期生で、松永市郎は中学同窓であった。

艇附
片山兵曹長

1940年(昭和15年)8月卒業。特殊潜航艇(以下「特潜」 )搭乗員に選抜され訓練を受ける中、真珠湾攻撃に「特潜」の参加が決定し、広尾は5人の艇長の一人として選抜された。他の艇長は、岩佐直治横山正治古野繁実、同期生の酒巻である。広尾は艇附片山義雄(戦死後、兵曹長)とともに、伊二〇潜水艦から出撃し戦死した。

人物[編集]

広尾艇と推測される[1]
「特潜」の引揚(1960年)

兵学校時代の成績は優秀で、体育にも励み、恵まれた運動神経を活かし体操を得意としていた。ただし、入校当初は水泳が苦手であった。真珠湾攻撃に出撃する前に帰省を許された際は、母と並んで眠った[2]。出撃直前の広尾は、弁当とサイダーを渡され「まるでピクニック」 と笑っていたという[3]。同期生随一の詩吟の名手でもあった。

死後[編集]

真珠湾攻撃を行った「特潜」特別攻撃隊には連合艦隊司令長官山本五十六から感状が授与され、広尾らは軍神とされた。獅子文六は、「岩田豊雄」名で横山正治を主人公に作品「海軍」を著したが、広尾は主人公の有力候補であった[4]

九軍神と山本五十六[編集]

山本は当初この攻撃計画に反対していたが、収容の見込みがついたとして承認した。しかし懸念は払拭されず、出撃直前にも第六艦隊司令長官・清水光美に一存で取りやめる許可を与えている[5]。戦死の報を受けて、二首の和歌を詠んだ。

戦死後、広尾に正七位勲五等功三級が贈られた。戒名は忠晃院釈義彰[2]

栄典[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『本当の特殊潜航艇の戦い』p.99
  2. ^ a b 『同期の桜』「第二章」
  3. ^ 『決戦特殊潜航艇』「第二章」
  4. ^ 『海軍随筆』「襍記」
  5. ^ 『決戦特殊潜航艇』「第一章」

参考文献[編集]