広域基幹林道栃木山中線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広域基幹林道栃木山中線(こういききかんりんどう とちのきやまなかせん)は、福井県南条郡南越前町とその周辺区間に伸びる林道である。

路線概要[編集]

  • 起点:福井県南条郡南越前町板取
  • 終点:同町山中

道路状況[編集]

全線アスファルト舗装がなされており、林道としては走りやすい部類に入る道路である。また栃ノ木峠木ノ芽峠山中峠という福井県を二分する三つの尾根沿いを走っており、地理的にも歴史的にも意味のある道である。前記した通り尾根沿いの道のためそれほど勾配もなく、クネクネとしてはいるが十分景色を堪能できる林道といえる。林道をあまり走り慣れていない人向けの道である。の為通行止めになるが、四季折々の景色の楽しめるドライブコースとして利用されている。ただし落石が少なからずあるので、通行の際注意は必要である。

通過する峠[編集]

接続道路[編集]

周辺施設[編集]

関連項目[編集]