幾春別駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
幾春別駅
いくしゅんべつ
Ikushumbetsu
弥生 (1.3km)
所在地 北海道三笠市幾春別町1丁目
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 幌内線
キロ程 18.1km(岩見沢起点)
電報略号 イク
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1888年明治21年)12月10日
廃止年月日 1987年昭和62年)7月13日
備考 幌内線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

幾春別駅(いくしゅんべつえき)は、かつて北海道三笠市幾春別町1丁目に置かれていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)幌内線である。電報略号イク。幌内線の廃止に伴い、1987年(昭和62年)7月13日に廃駅となった。

歴史[編集]

1976年の幾春別駅と周囲1km範囲。左が岩見沢方面。すぐ南を幾春別川が西へ流れる。単式ホーム1面1線、駅舎横の貨物ホームに引込み線、駅裏に5-6本の仕分線、外側に転車台の残る機回し線を有する。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

官営幌内鉄道幾春別支線は、幌内太駅(三笠駅)より1マイル延伸しただけで建設を中断し放置されていたが、幾春別からの出炭及び販売を当初から目標として掲げ、当鉄道の業務を委託された北有社によって延伸開業された。当初は空知集治監の囚人が炭鉱労役に就いていたため、出炭駅である当駅や幌内駅の一般人の利用は多くなかったが、集治監の廃止による一般人の採用や幾春別炭砿の採炭量増加、奔別炭砿の開発により周辺人口が増えたこともあり、利用客が徐々に増え 、特に戦後の増産体制によって一気に増加した。年間乗降客数は1958年度(昭和33年度)に746,441人を記録しており、幌内線では三笠駅に次いで多かった。一方貨物の方は2つの大手炭鉱を擁していた[1]ため取扱量は同線で最大で、1963年(昭和38年)には発送量1,316,213tと幌内駅の2倍以上を記録している。このため貨車扱い要員が多く駅員数も最多で、特に戦時中は女子採用者が多く、重労働であったためか、1942年(昭和17年)には70人という大所帯であった。

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。アイヌ語の「イクスンペッ[4]」(向こう側にある・川)に由来する[5]

この名称はかつて対岸のポロモイ(幌向)に居住していたアイヌ達が、この地方一帯を指して呼んでいたとされる[5]。1882年(明治15年)前後の幌内村形成後から開拓者が入り始め、「郁春別」の当て字を付けていたが、1889年(明治22年)5月28日に幾春別村が発足した際に「幾春別」と改められ、駅名も変更された[6]

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する業務委託駅であった。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
幌内線
弥生駅 - 幾春別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和32年までは住友奔別炭砿と北炭幾春別炭砿、昭和34年からは住友奔別炭砿と同弥生炭砿。
  2. ^ 山県は明治40年倒産。その後に日本興業(奔別炭礦/山下鉱業/山下汽船鉱業)、昭和2年12月から住友合資(住友鉱業/井華鉱業/住友石炭鉱業)と所有者及び社名変遷。
  3. ^ a b c d e f g h 三笠市史 昭和46年3月発行。
  4. ^ アイヌ語ラテン翻字: ikusun-pet
  5. ^ a b アイヌ語地名リスト ア~イチ P1-10”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  6. ^ 新三笠市史 平成5年1月発行 P32等。

関連項目[編集]