幻想飛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幻想飛行
ボストンスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル エピック・レコード
プロデュース トム・ショルツ
専門評論家によるレビュー
ボストン 年表
幻想飛行
(1976年)
ドント・ルック・バック
(1978年)
ミュージックビデオ
「More Than a Feeling」 - YouTube
テンプレートを表示

幻想飛行』は、1976年に発表されたボストンのファースト・アルバムBoston』 に付された日本語題である。

分厚いギター・サウンドによるハードな音作り、それでいてポップで聴きやすいメロディ、そして爽やかなコーラス・ワーク等、デビュー作とは思えない完成度を誇る。その音楽性はカンサスジャーニー等と並んでアメリカン・プログレ・ハードと称される。また、ボストンの曲がきっかけでクラシック・ロックという言葉も生まれた。 当時使用していた機材は、殆どが自作か改造されたアンプ若しくはエフェクターで、特にマエストロ社のエコープレックス EP-2を改造して作られたエフェクターは有名。ライブやレコーディングでギターを二重に聴かせる「ダブラー」やテープエコー、独特のディレイによる効果音を作り出す「Hyper Space Pedal」は全てエコープレックスの改造によるものである。またマーシャルのアンプを改造してゲインと高域を強調させ、MXR社の6バンドイコライザで中域を強調させたりもしている。その他自作のアッテネーター(当時Power Soakは無い)やコンプレッサー、Bossのフェイザーなどの一部製品やワウペダルなども使用していた。 ギターはGibsonレス・ポールゴールドトップのピックアップを取替え、フロントにソープバータイプのP-90、リアにディマジオのDP-100 Super Distortionなどを使用していた。他にもフロント・リア共にDP-100であったり、「マイティーマウス」の絵柄が描かれているレスポール(フロントにP-90、リアにDP-100)を使用。アコースティックギターは、後のアルバムも含めGuild製のものを使用している。 オルガンも後の作品含め、ハモンドオルガンを使用。

バンドにとっての代表曲「宇宙の彼方へ」や「ロング・タイム」などが収録されている。ちなみに、ボストンの楽曲はほとんどトム・ショルツが一人で書いている。しかし、あまりにも商業的に成功したため、レコード会社やメンバーとの間で様々なトラブルが生じてしまった。そのため、次作『ドント・ルック・バック』(1978年)以降、アルバム発表のインターバルが非常に長くなっていく。

反響[編集]

全米ビルボード・チャートでは最高第3位を記録し、142週チャートイン。これまでにアメリカだけで1700万枚、全世界では2,000万枚を売り上げている。デビュー作としては異例の大ヒットとなった。

ローリング・ストーン誌の選ぶオールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100』に於いて、41位[1]にランクイン。

収録曲[編集]

  1. More Than a Feeling (日本語題:宇宙の彼方へ)
  2. Peace of Mind
  3. Foreplay/Long Time
  4. Rock and Roll Band
  5. Smokin'
  6. Hitch a Ride
  7. Something About You
  8. Let Me Take You Home Tonight
  • More Than a Feeling, Peace of Mind のシングル盤は、アルバム収録版よりも演奏時間を短く編集している。

脚注[編集]

[ヘルプ]