幻影闘士バストフレモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幻影闘士バストフレモン』(げんえいとうしばすとふれもん、바스토프 레몬)は、韓国同友アニメーション(英語名:DongWoo Animation)が製作し、2001年5月3日から11月15日にかけてKBSで放映された全26話のテレビアニメ。韓国では「バストフレモン」もしくは「サイバー魂 バストフレモン」が正式なタイトル。

日本では2003年10月4日から2004年3月27日までテレビ東京で放送された。

概要[ソースを編集]

同友アニメーション初のオリジナルアニメとして企画された。

企画当初は劇場長編アニメーションとして企画されていたが、2001年のKBSアニメーション公募展に当選してテレビアニメーションとして制作する事になる。その他にも韓国放送振興院の第1次製作費融資支援対象プログラム選定、大韓民国情報通信部のデジタルコンテンツ対象2/4分期デジタル映像分野大賞受賞などを受け大きな注目を集める事になる。

しかし放送開始後は期待した程の反響は得られず視聴率も思った伸びを見せなかった。放送後はDVDも発売されたが広報不足などの理由からこちらも低調な実績で全6巻の内4巻が発売した時点で発売が中止となり、その後は6ヶ月間の雑誌付録としてDVDをリリースする事になった。

海外展開では日本でのテレビ放映[1]米国でのDVD発売を行っている。

企画初期ではクーラ以外のキャラクターデザインが大幅に異なる[2]

あらすじ[ソースを編集]

西暦2097年、主人公フェイクは廃墟となった衛星アンテナ基地でゲーム機を見つける。吸い寄せられるようにそのゲームを起動させるフェイク。それがこの物語の始まりだった。

ゲームで受けたダメージが自分に降りかかる現象、ゲームに合わせて現実世界で起こる怪現象、開発者が用意していないはずのステージや対戦相手の出現、謎の少女とレモンの香り。次々と浮かぶ謎と陰謀を軸に物語は展開していく。

登場人物[ソースを編集]

フェイク
- 間島淳司
この物語の主人公。ゲームの世界では少しは名を知られたゲーマー。自由奔放な性格で、他人と協調して行動するというのが嫌い。韓国版での名前はPseudo(シュード)。
ミント
声 - 吉川由弥
フェイクと同じく、腕の立つゲーマー。おてんばでわがままな性格をしている。家は良家のお嬢様。
ビフォー
声 - 川原慶久
前述2人と並び称されるトップクラスの腕前を持つゲーマー。冷静で理知的なため、3人の中ではお兄さん的存在。ある大きな秘密を持っている。
モラート
声 - 杉田智和
この物語の鍵を握るゲーム、通称「レモンゲーム」の開発者。このゲームの謎を解くため、前述3人を集めた。ゲーム中は3人の戦いをサポートする。
ボム
声 - 藤本教子
モラートの弟子のような存在。幼いながら理知的で、プログラミング技術にも長けている。モラートとともにゲーム中の3人をサポートする。
プリン
声 - 小林恵美
ボムと同じくモラートの弟子のような存在。やや暴力的な少女。こちらはまだサポートに役立つほどの腕前を持っていないようだ。
ティエル
声 - 伊藤静
修道院にいる少女。無口であまり表情を変えないが、のちにフェイクにだけは心を開くようになる。
クーラ
声 - 神崎ちろ
ゲームの中に現れる謎の少女。ゲームの最後にはいつも彼女の悲鳴が聞こえる。

スタッフ[ソースを編集]

日本版
  • 企画 - Young-moon Min、Maria Hea-ran Ha
  • 原作 - DongWoo Animation
  • シリーズ構成・脚本 - Young-ah Choi
  • 日本語版構成・脚本 - 棟居仁、北岡裕
  • キャラクターデザイン - Bong-il Park
  • メカニックデザイン - Sang-yub Kim
  • 美術監督 - Sang-ho Ha
  • 色彩設計 - Hyung-hee Kim
  • 撮影監督 - tae-hee Heo
  • 音響制作プロデュース - 高橋信之、熊義樹
  • 音響監督 - 中川達人
  • 音楽 - Dong-Soo Kang
  • 音楽協力 - テレビ東京ミュージック
  • アニメーション制作 - DongWoo Animation
  • プロデューサー - 山川典夫(テレビ東京)、笹田直樹、松本正義
  • 監督 - Jong-sik Nam、Bong-il Park
  • 日本語版製作 - テレビ東京、ADKaic

主題歌[ソースを編集]

日本版
オープニング「白いかけら」
歌・作詞 - D[di:] / 作曲 - 井上龍仁 / 編曲・プロデュース - Kiyoshi / レーベル - 東芝EMI
エンディング「HEART2」
歌・作詞・作曲 - 合田裕子 / 編曲 - 草野よしひろ / レーベル - radiosonic
韓国版
オープニング
作詞 - チェ・ウォンソク / 作曲 - チョン・ホンチョル / 歌 - ソ・ジョンウ
エンディング
作詞 - ソン・サンウク / 作曲 - イ・チェギョン / 歌 - ソ・ジョンウ

各話リスト[ソースを編集]

話数 サブタイトル 放送日
1 それはレモンの香りだった 2003年10月4日
2 レモンゲームの謎 2003年10月11日
3 不思議な少女ティエル 2003年10月18日
4 誕生!ドリームチーム スピアヘッド 2003年10月25日
5 ミント苦戦!これが実戦だ! 2003年11月1日
6 フルート博士のパスワード 2003年11月8日
7 伝説のバストフエンブレム 2003年11月15日
8 レモンゲーム消滅!? 2003年11月22日
9 砂漠の強敵! 2003年11月29日
10 謎の海賊放送を追え! 2003年12月6日
11 ハディムの陰謀 2003年12月13日
12 ゼノン壊滅!?死のカウントダウン 2003年12月20日
13 再会、二つの宿命 2003年12月27日
14 デュープ救出作戦! 2004年1月3日
15 極秘計画PX-1 2004年1月10日
16 記憶の迷路 2004年1月17日
17 さまよえる魂クーラ 2004年1月24日
18 コンビナートの対決! 2004年1月31日
19 禁断の研究!パンドラの箱 2004年2月7日
20 超兵器!復讐のマリオネット 2004年2月14日
21 狙われたティエル 2004年2月21日
22 サイバーゴースト宣戦布告 2004年2月28日
23 全面戦争突入 2004年3月6日
24 その子の名はフェイク 2004年3月13日
25 勝利か死か!?復活!PX-1 2004年3月20日
26 最終決戦!さよならクーラ... 2004年3月27日

DVD&VHS[ソースを編集]

DVD&VHSはブロードウェイより、2004年4月2日から7月2日にかけて発売された。

巻数 発売日 収録話
LEVEL.1 2004年4月2日 第1話 - 第3話
LEVEL.2 2004年4月2日 第4話 - 第6話
LEVEL.3 2004年5月7日 第7話 - 第9話
LEVEL.4 2004年5月7日 第10話 - 第12話
LEVEL.5 2004年6月4日 第13話 - 第15話
LEVEL.6 2004年6月4日 第16話 - 第18話
LEVEL.7 2004年7月2日 第19話 - 第22話
LEVEL.8 2004年7月2日 第23話 - 第26話

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日本で韓国アニメを衛星放送などではなく地上波で放送するのはこれが初めてある。
  2. ^ http://web.archive.org/web/20020213163955/http://www.ecomic.co.kr/data45/lemon.htm

外部リンク[ソースを編集]

テレビ東京 土曜7:30 - 8:00枠
前番組 番組名 次番組
無限戦記ポトリス(第1話 - 第26話)
(2003年4月5日 - 9月27日)
※土曜10:00 - 10:30枠へ移行
幻影闘士バストフレモン
(2003年10月4日 - 2004年3月27日)
遊☆戯☆王デュエルモンスターズ(再放送)
(2004年4月3日 - 2008年8月2日)