幻住庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幻住庵(げんじゅうあん)は、滋賀県大津市にある松尾芭蕉の関連史跡。

奥の細道」の旅を終えた翌年の元禄3年(1690年)3月頃から、膳所の義仲寺無名庵に滞在していた芭蕉が、門人の菅沼曲水の奨めで同年4月6日から7月23日の約4ヶ月間隠棲した小庵。ここで「奥の細道」に次いで著名で、「石山の奥、岩間のうしろに山あり、国分山といふ」の書き出しで知られる「幻住庵記」を著した。

元は曲水の伯父幻住老人(菅沼定知)の別荘で、没後放置されていたのを手直しして提供したものであり、近津尾神社境内にある。芭蕉は当時の印象を「いとど神さび」と表現したが、その趣は21世紀の今も変わらず残っている。現在の建物は1991年9月に芭蕉没後300年記念事業「ふるさと吟遊芭蕉の里」の一環で復元したものであり、敷地内には幻住庵記に「たまたま心なる時は谷の清水を汲みてみづから炊ぐ」との記述があるように、芭蕉が自炊していた痕跡 ”とくとくの清水”が今も木立の中水を湧き出している。

  • ”先づ頼む 椎の木も有り 夏木立”(当時の芭蕉の句)

所在地[編集]

  • 滋賀県大津市国分2-5

関連項目[編集]

近隣史跡[編集]