幸せの向う側

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幸せの向う側
Deceived
監督 ダミアン・ハリス
脚本 メアリー・アグネス・ドナヒュー
デレク・ソーンダース
原案 メアリー・アグネス・ドナヒュー
製作 マイケル・フィネル
ウェンディ・ドゾレッツ
エレン・コレット
製作総指揮 テリ・シュワルツ
アンシア・シルバート
出演者 ゴールディ・ホーン
ジョン・ハード
音楽 トーマス・ニューマン
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 ニール・トラヴィス
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年9月27日
日本の旗 1992年8月22日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $28,738,096[1]
テンプレートを表示

幸せの向う側』(原題: Deceived)は、1991年アメリカ合衆国で公開されたサスペンス映画

ストーリー[編集]

ニューヨークで美術品修復の仕事をしているエイドリアンは、同じく美術品関係の仕事をしている夫ジャックと、可愛い娘メアリーにも恵まれて幸せに暮らしていた。だがある日、夫が働いている美術館の館長トーマスが自殺する事件が発生してから、夫婦の間に溝が生まれてしまう。しかも、程なくして夫が交通事故で死亡してしまうのだった。

悲しみに暮れるエイドリアンだったが、死んだ夫の社会保障番号から、彼が名乗っていたジャックという男性は数年前に死亡していたことが判明する。なんと夫は身分を偽っていたのだ。やがて真相を探る彼女の前に、死んだはずの夫が現れる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ Deceived”. Box Office Mojo. 2012年9月10日閲覧。

外部リンク[編集]