年齢算

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

年齢算(ねんれいざん)は文章題の一種。年齢にまつわる計算、とくに、親の年齢が子供の年齢の何倍になる、といった問題。しばしば、典型的な文章題の例として取り上げられていることがあるなど、鶴亀算と同様、文章題の代名詞的な問題である。


例題[編集]

今、A君は10歳で、A君の母は40歳とする。A君の母の年齢がA君の年齢の2倍になるのは今から何年後か。

解答例[編集]

問いより、次の関係式が成立する。
(子の年齢 + 経過した年数) * 2 = 母の年齢 + 経過した年数
子の年齢=10、母の年齢=40で、経過した年数をxとおくと、
(10 + x) * 2 = 40 + x
20 + 2x = 40 + x
2x = 20 + x
x = 20

A.20年後