年度別台風記事一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

年度別台風記事一覧(ねんどべつたいふうきじいちらん)は、北西太平洋で発生した台風を各年ごとにまとめた記事の一覧である。

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

  • 1990年19号|20号|28号
    日本への上陸は6個であった。秋以降の上陸が多く、19号が近畿地方に被害をもたらした。また11月には28号が上陸し、観測史上最も遅い上陸になった。
  • 1991年17号|19号
    日本への上陸は3個であった。秋以降の台風の被害が多発し、多くの台風が日本に接近・上陸して被害をもたらした。特に19号の被害は甚大で、青森県では収穫前のリンゴに大きな損害を与え、西日本では暴風による被害を出した。
  • 1992年
    日本への上陸は3個であった。いずれも西日本に上陸した。
  • 1993年13号
    日本への上陸数は6個であった。7月に3個の台風が立て続けに西日本に襲来。冷夏と豪雨に加え、鹿児島県では平成5年8月豪雨の直後に7号が接近し、9月には伊勢湾台風級の勢力で13号が鹿児島に上陸した。
  • 1994年7号|26号
    日本への上陸数は3個であった。この年は26号が近畿地方に上陸し、太平洋高気圧が秋以降も強かったため、29号が10月に韓国に上陸した。
  • 1995年12号
    日本への上陸数は1個であった。12号が戦後最大級の勢力で関東地方に接近した。
  • 1996年9号|12号
    日本への上陸数は2個であった。9月には17号が関東地方に接近し、被害をもたらした。
  • 1997年8号|9号|19号
    日本への上陸数は4個であった。台風の上陸が少ない6月から台風が上陸した。
  • 1998年4号|5号|7号|10号
    日本への上陸数は4個であった。発生数は観測史上2番目に少なく、9月以降の台風上陸と接近が多かった。
  • 1999年16号|18号
    日本への上陸数は2個であった。18号の高潮被害が西日本で発生し、北海道では暴風の被害が発生した。

2000年代[編集]

  • 2000年14号
    日本に上陸した台風はなかったが(上陸数0は過去最少)、歴代5位にあたる15個の台風が接近した。また、東海豪雨の原因となった14号の接近、11月には季節はずれの20号が台湾から九州に接近した。
  • 2001年11号|15号|16号
    日本への上陸数は2個であった。上陸はしなかったが16号が沖縄に被害をもたらした。
  • 2002年の台風21号
    日本への上陸数は3個。9月から10月にかけて21号が東日本に大きな被害をもたらした(死者4名、負傷者108名など)。
  • 2003年2号|4号|10号|14号|18号
    日本への上陸数は2個。14号が宮古島で日本歴代7位にあたる最大瞬間風速74.1m/sを記録した。14号は朝鮮半島に上陸し、韓国で100人を超す死者と大災害をもたらした。12月には季節はずれの21号が日本の南から伊豆諸島に接近した。
  • 2004年6号|16号|18号|21号|22号|23号
    統計開始以来最多の10個の台風が日本に上陸し、各地に甚大な被害を与えた(2004年の台風集中上陸参照)。
  • 2005年7号|11号|13号|14号|15号
    日本への上陸数は3個。9月の14号が九州地方を中心に大きな被害を与えた(死者26人、負傷者168人など)。
  • 2006年1号|2号|3号|10号|12号|13号|14号|15号
    日本への上陸数は2個。9月の13号が九州地方に大きな被害を与えた(死者9人、行方不明者1人、負傷者323人、特急「にちりん」脱線など)。
  • 2007年4号|5号|8号|9号|11号|14号|15号|20号
    日本に上陸した台風は、4号、5号、9号の3個だった。7月の4号は、7月の上陸台風としては過去最強クラスだった。また、9号は首都圏を直撃後東日本を縦断し、死傷者が多数出た。
  • 2008年2号|6号|13号|15号
    日本へ上陸した台風は1個も無かった。
  • 2009年8号|9号|16号|17号|18号|20号
    上陸はしなかったが9号が本土に大きな被害をもたらした。10月に入って18号が約2年ぶりに上陸し、各地に被害をもたらした。

2010年代[編集]

  • 2010年1号|2号|9号|14号
    日本に上陸した台風は、4号、9号の2個だった。いずれも日本海側からの上陸だった。発生個数は14個と過去最少。
  • 2011年1号|2号|3号|5号|6号|7号|8号|9号|11号|12号|14号|15号|17号
    日本に上陸した台風は、6号、12号、15号の3個だった。
  • 2012年3号|4号|15号|16号|17号|18号|21号|23号|24号
    日本に上陸した台風は、4号、17号の2個だった。
  • 2013年(18号|26号|27号|28号|30号)
    発生した台風は31個。9月に入り、18号が上陸し、同年8月30日に発令された特別警報が初めて適用された。また10月には26号、27号、28号が関東に接近し、26号が伊豆大島に大きな被害を出した。また11月に入り、30号がフィリピンに上陸、甚大なる被害が出た。
  • 2014年8号|9号|10号|11号|12号|13号|16号|17号|18号|19号|22号|23号)
    発生した台風の数は23個。4月までに5個の台風が発生し、7月には5個発生した。これで台風の総数は12になり、平年の7.7個を大きく上回る記録となった。さらに、8月には「越境台風」もあった。だが、8月の台風は平年で6個発生するのに対し、実際は平年以下の発生数となっている。中でも、台風8号や台風11号、台風19号が日本各地に大きな被害をもたらした。
  • 2015年(4号|6号|7号|9号|11号|12号|13号|15号|16号)
    2014年と同じく台風は4個上陸、記録を残す台風が多く発生した。9月には台風17号、18号の鬼怒川の堤防決壊が起き、全国的に台風も被害に見舞われた。更に、エルニーニョ現象が影響していた面も見られた。
  • 2016年(1号)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]