年古楼梅溪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

年古楼 梅溪(ねんころう ばいけい、生没年不詳)とは江戸時代大坂浮世絵師

来歴[編集]

大坂の人。年古楼、梅溪と号して文化13年(1816年)に役者絵を描いている。作品に大判の錦絵「団九郎・嵐三五郎」が挙げられる。これは文化13年2月、中座の芝居『園雪恋組題』に取材したものである。

参考文献[編集]