平野耕輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平野 耕輔(ひらの こうすけ、1871年6月10日 - 1947年4月10日)は、日本化学者窯業学者。

東京職工学校(後に東京工業学校、東京高等工業学校と改称、現東京工業大学)でゴットフリード・ワグネルに窯業を学んだ。母校の教授として窯業学を発展させ、後年のセラミックス研究の基礎を築くとともに、満州で窯業試験事業を確立するなど、近代窯業黎明期にあって、学会および産業界双方の育成に貢献した[1]

略歴[編集]

  • 1891年 東京工業学校陶器玻璃工科(後の窯業科)卒業
  • 1899年 ドイツおよびベルギーに3年間留学
  • 1902年 東京高等工業学校教授、後に窯業科主任
  • 1908年 満鉄嘱託として満州各地の窯業原料を調査
  • 1911年 同じく硝子事業調査のため渡欧
  • 1917年 同社招聘に応じ満鉄中央試験所窯業科長(以降13年間在満州)
  • 1930年 商工省陶磁器試験所長
  • 1937年 同所退官
  • 1940年 近藤清治教授(窯業学科主任)急逝のため東京工業大学教授として母校に復帰
  • 1943年 東京工業大学窯業研究所(現・フロンティア材料研究所)初代所長

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大野政吉, 平野耕輔先生の略歴とその功績, 窯業協会雑誌, 1948年
  2. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。