平野次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひらの じろう
平野 次郎
生誕 (1940-12-19) 1940年12月19日(76歳)
大日本帝国の旗 大日本帝国東京府
(現:日本の旗 日本東京都
出身校 国際基督教大学
職業 ジャーナリスト
学者

平野 次郎(ひらの じろう、1940年(昭和15年)12月19日 - )は、日本のジャーナリスト、学者である。日本放送協会(NHK)解説委員、記者を経て、学習院女子大学特別専任教授。

人物[編集]

1940年(昭和15年)、東京府(現:東京都)に生まれる。麻布高等学校を経て、国際基督教大学卒業コーネル大学大学院留学。

経歴[編集]

コーネル大学大学院に2年間留学。1965年(昭和40年)、帰国してNHKに入局した。初任地は横浜放送局であり、以後、東京政治部、アメリカ・ワシントン支局特派員を歴任した。

1980年(昭和55年)からは、同局の情報番組『海外ウィークリー』にテレビ出演、幸田シャーミンとともに番組の進行を務めた。また、ニュース番組『NHKニュースワイド』、『ワールドニュース』への出演、同『NHKニュースTODAY』のアンカーマンなどとしても広く知られることとなった。

1991年(平成3年)にはNHK解説委員室に就任。国際問題を専門に担当し、定年退職後の2004年(平成16年)3月まで同職を務めた。同4月、学習院女子大学特別専任教授に就任、現在はシンポジウムコーディネーターなどとしても活動している。海外TVドラマ『ザ・ホワイトハウス』の日本語版では監修を務めた。

家族[編集]

実兄は、元通産官僚リース事業協会副会長の平野達郎。祖父は、元三菱財閥最高幹部の荘田平五郎。岳父は元日本電気名誉会長小林宏治

年表[編集]

  • 1959年(昭和34年) - 麻布高等学校卒業
  • 1963年(昭和38年) - 国際基督教大学卒業、コーネル大学大学院留学
  • 1965年(昭和40年) - NHK入局
  • 1980年(昭和55年)4月 - 「海外ウィークリー」担当
  • 1983年(昭和58年) - 「NHKニュースワイド」外信キャスター
  • 1984年(昭和59年)6月 - スイス・ジュネーブ支局特派員兼支局長
  • 1987年(昭和62年)6月 - 帰国、「ワールドニュース」担当
  • 1988年(昭和63年)4月 - 「NHKニュースTODAY」のアンカーマン
  • 1990年(平成2年) - ヨーロッパ総局長(ロンドン)
  • 1991年(平成3年) - 帰国、NHK解説委員室
  • 2001年(平成13年)3月 - NHKを定年退職、NHKプロモーションに所属し引き続き解説委員
  • 2004年(平成16年)
    • 3月 - 解説委員退任
    • 4月 学習院女子大学別専任教授

NHK時代の出演番組[編集]

主な著作[編集]

※ 他に週刊テレビ雑誌で「地上(ここ)より永遠(とわ)に」というコラムを連載したことがある。

脚注[編集]