平親範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
平親範
時代 平安時代後期 - 鎌倉時代前期
生誕 保延3年(1137年
死没 承久2年9月28日1220年10月25日
改名 親範→相蓮房円智(法名)
別名 出雲路入道、毘沙門堂民部入道
官位 正三位民部卿
主君 鳥羽上皇
氏族 桓武平氏高棟
父母 父:平範家、母:藤原清隆二女
兄弟 親範行範棟範藤原能業室、
吉田経房室、藤原脩範
高階泰重
基親俊親仙範信親吉田定経
テンプレートを表示

平 親範(たいら の ちかのり)は、平安時代後期から鎌倉時代前期にかけての公卿桓武平氏高棟流、従三位平範家の嫡男。官位正三位民部卿

経歴[編集]

蔵人頭参議左中弁を経て、承安元年(1171年)、正三位・民部卿に叙任される。

承安4年(1174年)、大原極楽院にて出家、戒師は「来迎院縁忍」、法名は「相蓮房円智」。

建保2年(1214年)には出雲寺を再興、同寺に平家由来の平等・尊重・護法の3寺を併せた堂[1]を建立し、私領を寄進した[2]

『親範記』(散逸)・『相蓮房円智記』を記す。『千載集』に1首入集。

承久2年(1220年)薨去。享年83。

官歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毘沙門堂と号し、江戸時代初め、山科に移される。
  2. ^ 寄進地は伯耆国宇多河東荘矢送荘但馬国木前荘