平知宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
平知宗
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代中期
生誕 寿永3年(1184年
死没 建長7年7月5日1255年8月8日
別名 惟宗知宗、宗知宗、武藤知宗
幼名:鬼王丸、別名:貞重、盛重
通称:武藤武者、武藤右馬助、惟宗判官
官位 太宰大監
氏族 桓武平氏維衡流(伊勢平氏
父母 父:平知盛
兄弟 知章増盛知忠知宗中納言局
宗重尚?、宗助国?

平 知宗(たいら の ともむね)は平安時代末期から鎌倉時代中期の平家の落人平家一門の平知盛の四男。惟宗 知宗(これむね ともむね)や宗 知宗(そう ともむね)、武藤 知宗(むとう ともむね)とも名乗っている。

寿永3年(1184年)、平家の都落ちで各地を転々としている時期に誕生。元暦2年(寿永4年/1185年)に壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後、長門国斎藤兵庫を経て鎮西奉行武藤資頼乳母惟宗氏によって庇護される。

その後、武藤資頼の養子になり、正治2年(1200年)に太宰大監に任官する。

建長7年7月5日(1255年8月8日)、大宰府北殿で死去。享年72。死去した日については異説あり、建長7年7月3日(1255年8月6日)とする説もある。

対馬宗氏は知宗の子孫と称した。

関連項目[編集]