平田舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平田舟(ひらたぶね)とは、和船の一種であり、内水面を航行する船の一種[1]高瀬舟より大きく五大力船より小さい[2]艜船平田船平駄船比良太舟等とも書かれる[1][2]

概要[編集]

日本全国の河川等で荷物・旅客を輸送した[2]江戸時代から大正時代にかけての水運で多く用いられた。『和名類聚抄』では「艜 比良太 俗用平田舟」とあり、『和漢三才図会』では「似舼而長薄、以宜浅川、其長三丈余」[3]としている[1]。また『類聚名物考』においては平田舟を小平田・大平田にわけ、さらに大きいものを「五大力」と呼ぶとしている[1]

構造[編集]

長さ約15mから24m、横幅3mから4mの吃水の浅い川船で、船首水押(ミオシ)があり、船腹に根棚(ネダナ)・上棚(ウワダナ)の二枚棚、船尾にモギ袖艫(ソデトモ)を持つセイジ(船室)があった[2][1]。大きな帆柱を持ち、主に帆走したが、流れの速い上りの場合曳船によって運航することもあった[2]

日本各地の平田舟[編集]

  • 東北 - 北上川流域等でなどの輸送に用いられた。
  • 関東 - 利根川上・中流域、荒川新河岸川等で用いられ、利根川上中流域のものを「上州艜」、荒川流域のものを「川越艜」と呼んだ[2]。また、浅い川を航行できる点を生かし、海産物を市場に水揚げする際のとして利用された。
  • 四国 - 吉野川で下りは木炭煙草藍玉を、上りで雑貨等を運搬した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 藤岡謙二郎、山崎謹哉、足利健亮『日本歴史用語地名辞典 新装版』柏書房、1991年1月、pp468-469。
  2. ^ a b c d e f 『利根川荒川事典』H16.6,25国書刊行会 P312・P406。
  3. ^ 舼は舟偏に共と書き「たかせ」と読み、高瀬舟を指した。藤岡謙二郎、山崎謹哉、足利健亮『日本歴史用語地名辞典 新装版』柏書房、1991年1月、pp468。

関連項目[編集]